青森中央学院大学 看護学部

「等身大」のその先へ―。「経営法学」と「看護」分野で活躍できるプロを育成!

青森中央学院大学は平成10年4月、世界規模で目まぐるしく変動する時代に、国際色豊かな大学として誕生しました。

経営法学部では、社会のさまざまな問題を現実的に、そして創造的に解決するために、経営・法学・関連科目のそれぞれの知識や技術をバランスよく学ぶことができます。

看護学部では、豊かな人間性と教養、確かな知識・技術を備えた看護師、保健師を目指します。

さらに、平成30年4月に開設する別科助産専攻では、女性が地域において安心して子供を生み育てることに貢献できる助産師を目指します。

また、青森から世界へ向けて交流の輪を広げています。 多くの学生が世界各地へ留学し、貴重な経験を重ねています。 そして本学でも世界各地から留学生を受け入れ、卒業生は青森と世界の架け橋となっています。

※下記は青森中央学院大学のキャンパスにある桜の様子です。とてもきれいですね!

地域の保健福祉医療の課題に対応できる看護師・保健師を育成

青森県は少子高齢化に加え、全国最下位の短命県という課題を抱えています。そうした状況の下、県内の看護師・保健師には、がん看護・老年看護などの高度な知識、技能を有する能力と、チーム医療におけるキーパーソンとしての役割、地域に即した保健医療福祉に貢献できる役割が求められています。

地域が抱える保健医療福祉の課題を解決すべく、特色ある授業で実践力を育みます

「チーム医療論」…保健医療福祉に関わる局面を「チーム」の視点でとらえ、看護の役割や方法を学びます。

「地域と生活習慣病」…地域による健康格差が生じるのはなぜか。地域の健康問題を予防するための医療・保健従事者の役割について学びます。

その他「医療経済学」「救急・災害看護論」など、特徴ある授業を行います。

よりよい看護のためには「経験」が重要。実践を重視した実習教育を行います

授業で学んだ知識・技術は臨地実習で活用することで、専門職として相応しい「本当の技術」へと進化します。青森中央学院大学の臨地実習施設は、まず地域の基幹病院である県立・市立の医療機関を中心に実施。その後、段階を踏んで近隣の医療・福祉施設や保育園、訪問看護ステーション、市町村の保健行政機関等で展開します。

領域に合わせた充実の実習室

学生一人ひとりが確かな看護技術を習得できるよう、各実習室に様々な設備を揃えています。新生児・小児・成人などのモデル人形やシミュレータ、医療機器、医療材料を活用したシミュレーションなど、実践的な技術演習により看護の実践力を育てます。

卒業後の進路(※ 2016年3月卒業生実績)

※下記は前身となる青森中央短期大学看護学科の実績です
国立病院機構青森病院 、 青森県立中央病院 、 青森市民病院 、 青森慈恵会病院 、 あおもり協立病院 、 村上病院 、 芙蓉会病院 、 青森厚生病院 、 弘前大学医学部附属病院 ほか


(写真)青森県立中央病院

キャンパス内に3つの学生寮を完備。学業に集中できる環境を用意しています。

青森中央学院大学では、学生の皆さんが学業に専念し、安心快適な学生生活を送れるよう、キャンパス内に3つの学生寮を設けています。女子専用の寮もあり、部屋のタイプも一人用の1Kから、ルームシェア用の2DKまでさまざま。費用など、詳細は本学までお問い合わせください。

平成26年2月に看護学部棟が新設

新たに生まれ変わる看護学部棟は、心ふれあうコミュニケーション力と豊かな人間性を養う為の場として、また、地域医療や先端技術医療の現場、在宅や地域における福祉施設など、さまざまな分野で活躍できる看護師の育成を目指し、それを可能にするのに十分な施設を備えています。

大学生活を彩るキャンパス

キャンパスは青森市街に程近く、緑ゆたかな環境と情報発信のための施設を備えた学習環境が整っています。 学生ホール、講義堂、研究室、事務室等がある本館をはじめ、グループワークやプレゼンテーションを行うことができるアクティブラーニング室が備わった2号館、コンピュータ端末120台を完備する情報処理演習室を有する5号館、図書館や看護学部で使用する教室がある7号館など、理想的な学習施設を用意。充実した4年間を送ることができます。

※下記の写真は新たに建設された体育館です。

学習支援センター

学生たちの学びと大学生活をバックアップするのが学習支援センターです。 専門科目をより深く理解するための基礎づくりとして、高校時代からの苦手分野をベテラン教員が丁寧に指導し「学び直し」をサポートするほか、資格・検定試験対策、海外留学、大学院への進学等の幅広い相談にも対応しています。また、新たなサークルの設立を支援するといったサークル活動にまつわるバックアップ、大学内外の体験的な活動プログラムに関する情報提供なども行っています。

 


(写真)青森中央学院大学
出典:commons.wikimedia.org

2019年度 入試情報

※入試情報は必ず最新の募集要項を入手し、ご確認ください。

区分
選考試験日
公募制推薦
2018年11月3日 (土・祝)
一般1期
2019年2月9日(土)
一般2期
2019年3月2日(土)
センター試験利用(前期)
個別試験は課さない
センター試験利用(後期)
社会人・帰国子女・留学生 2018年11月3日 (土・祝)
大学案内
受付状況
マイナビ進学にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内+願書
公募推薦
選考方法
・小論文 100点、個別面接 100点(調査書・志望理由書を参考とする)、合計200点満点。
一般(1期・2期)
選考方法
【必須】『国語(近代以降の文章)』、『英語』
【選択】『数学Ⅰ・数学A』、『生物基礎』、『化学基礎』から1科目選択
【必須】グループ面接
※面接は提出書類を参考とする。
センター試験利用
(前期・後期)
選考方法
大学入試センター試験
【必須】『国語(近代以降の文章)』、『英語(リスニングテストは除く)』
【選択】「数学Ⅰ」、『数学Ⅰ・数学A』、「生物」、「化学」のうち1科目または「生物基礎」、「化学基礎」の2科目から得点の高いものを採用する。

過去の入試結果

一般(合計)
青森中央学院大学看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2018 25 75 70 52 1.3
2017 30 62 57 46 1.2
2016
30
70
66
54
1.2
2015
30
141
133
65
2.0
2014
30
116
114
55
2.1
センター試験利用(合計)
青森中央学院大学看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2018 15 62 62 43 1.4
2017 20 53 53 42 1.3
2016
20
61
61
50
1.2
2015
20
99
99
59
1.7
2014
20
110
110
45
2.4
公募推薦
青森中央学院大学看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2017 30 66 66 49 1.3
2016
30
64
64
38
1.7
2015
30
60
60
38
1.6
2014
30
55
55
42
1.3

オープンキャンパス

青森中央学院大学を体感できる1日。オープンキャンパスへ行こう

受験生のみなさんに向けたオープンキャンパスを開催します。 本学のことがよくわかる充実のプログラムで皆さんをお待ちしています!

<開催プログラム>
・学部学科案内 ・入試情報案内 ・模擬授業 ・保護者対象相談コーナー など

※当日は、県内各地区と本学間で無料送迎バスを運行します。

【開催日程】
・2018年07月07日(土)13:00~16:00
・2018年08月06日(月)13:00~16:00

※下記は過去のオープンキャンパスの様子です。

交通アクセス

【所在地】
・青森中央学院大学(青森県青森市横内字神田12)

【交通機関・最寄駅】
・「青森」駅からJRバス東北・青森市営バス25分 青森中央学院大学前下車 徒歩2分

学校案内・受付状況

登場人物A

出願期間、試験日、試験科目は、早めに学校案内・募集要項を手に入れて必ず自分の目でチェックしてね。

青森中央学院大学
大学案内
受付状況
マイナビ進学にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内+願書

ページの先頭へ