千葉科学大学看護学部

技術の発展と共に複雑化を増す現代社会、急速に進む高齢化社会。これらに対応した高度の専門知識と技術、豊かな人間性を兼ね備えた人材の育成のため、本学では薬学部と日本初(※)の危機管理学部、専門性の高い看護学部を設置。 薬学部2学科、危機管理学部5学科、看護学部1学科で互いに連携して教育・研究にあたり、総合的な知識・技術・判断力を養成します。

看護学部の特色…「健康で安全・安心な生活の確保」を柱に
看護学は、対象の「健康」と「生活上に関わるケアニーズ」に確実に応えるため、常に対象者の立場を重視し、人権の尊重、安全の保障、危機予防を重視した学問です。本学看護学部では、「危機管理」と密なる関連性を持った看護学である、災害看護学、国際看護学、リスクマネジメント論、感染看護学のうち3科目を必修科目とし、看護の立場から安全・安心な健康生活を追究する危機管理の素養を培うことを目指します。また、少子高齢化社会の到来、疾患構造の変化、医療技術の進歩により、保健医療福祉に対する国民のニーズは多様化し、現在の医療現場では、チーム医療を担う人材の質の高さが求められています。チーム医療の一員として、地域医療の発展に寄与するため、本学部では、既存の2学部と連携した教育を実施し、他職種とのチームアプローチを重視しながら、地域住民のニーズに即したサービスを提供できる人材を育成します。

取得できる資格
・看護師国家試験受験資格
・保健師国家試験受験資格(選択制)
・養護教諭一種免許状(選択制)

ヒューマンケアの理念に基づいた看護専門職を育成
「人を助けたい」という信念は、救命のみならず、ケアする、看取るというケアリングの根本理念とも連動していることから、ヒューマンケアの理念に基づいた看護実践者を育成します。

薬学部、危機管理学部と連携した講義を実施し、
他職種とのチームアプローチを重視し看護を提供できる人材を育成

「いのちと生活Ⅲ(生活と危機管理)」「いのちと生活Ⅳ(薬と危機管理)」「医療専門職連携導入」「医療専門職連携発展」などの既存2学部と連携する科目を開設し、他職種と協働できる幅広い見識を持った看護専門職を育成します。

危機管理意識の高い人材を育成
国内初の危機管理学部のある大学ならではの災害看護学・リスクマネジメント論・感染看護学・国際看護学を開講し、危機管理意識の高い人材を育成します。

地域住民のニーズに即したサービスを提供できる人材を育成
疾病構造の変化、ならびに医療の高度化・地域化は、チームでの保健医療福祉サービスが求められることから、地域住民のニーズに即したサービスについて理解するため、地元の保健医療機関を中心に実習を行います。

看護学部棟について
4階建て・延べ面積約6500m2の看護学部棟には、最先端設備が整う看護分野別の実習室が完備します。ここで様々な看護技術をトレーニングすることによって、実践的なスキルを磨いていきます。また、避難場所ともなる4階の研修室、1階中央部分が後方への避難通路となるなど、危機対策を考慮した建物となっています。

主な実習先
総合病院 国保旭中央病院 /医療法人 積仁会 島田総合病院千葉県立佐原病院 / 地方独立行政法人 東金九十九里地域医療センター東千葉メディカルセンター国保匝瑳市民病院国保多古中央病院 / 香取市東庄町病院組合 国保小見川総合病院 /社会福祉法人恩賜財団済生会 神栖済生会病院 /独立行政法人労働者健康福祉機構 鹿島労災病院


(写真)千葉科学大学 本部キャンパス

看護学部 入試特待生制度

千葉科学大学は、これまでに全国から集まった「人を助けたい」という気持ちあふれる学生たちが育ち、医療現場をはじめ、様々な社会の現場で活躍しています。これからも「人を助けたい」と思う学生の「志」をバックアップするため経済支援制度を行っていきます。

特待生種別
内容
入試得点率
該当入試対象者数 ※2
A方式
センター
前期
特待生Ⅰ
4年間の全学費を免除※1 90%以上 2名 2名
特待生Ⅱ
2年間の全学費を免除※1 80%以上 4名 2名
特待生Ⅲ
1年間の全学費を免除※1 75%以上 8名 2名

※1 入学金を除く
※2 「入試得点率」を満たした受験生の成績順に該当人数を特待生合格者とします。従って「入試得点率」を満たしていても成績順位によっては下位の特待生種別となる場合、もしくは特待生となれない場合があります。

Point.1 専願制入試合格者もチャレンジできる
AO入試、特別推薦入試の合格者も合格学科に限り挑戦可能

Point.2 センター試験利用でも挑戦できる
センター試験の得点で判定することも可能なので自己採点後に挑戦可能

Point.3 最大14会場に試験会場設定
札幌※、仙台、水戸、さいたま、千葉、東京、新潟、 甲府※、長野、静岡、大阪、福岡※、那覇※、銚子 (※札幌・甲府・福岡・那覇会場は1/29のみ実施)

※学業成績が著しく低下したとき、特待生としてふさわしくない行為のあったときは資格を取り消すことがあります。

推薦入試K方式(特待生制度)

推薦入試K方式(特待生制度)
人数
最大10名
対象
薬学部・危機管理学部・看護学部に合格した者のうち成績上位者から志願者数の10%以内を対象とする。
内容
学費全額(授業料・実験実習費・施設設備費)を免除。ただし、入学金は免除しない。
期間
1年間

 

病院からの奨学金貸与制度

近隣病院の一例(申込みは各自で行う)
国保旭中央病院、国保小見川総合病院、聖隷佐倉市民病院、国保匝瑳市民病院、医療法人積仁会島田総合病院、成田赤十字病院、国保多古中央病院、神栖済生会病院、東金九十九里地域医療センター、総合医療センター成田病院

貸与額は、月額4万円~10万円であり、病院によって異なります。 なお、卒業後は、貸与先の当病院へ勤務することでの免除、あるいは卒業時に貸与額を返済することのいずれかになります。

2017年度 入試情報

※入試情報は必ず最新の募集要項を入手し、ご確認ください。

定員
区分
出願期間(郵送必着)
選考試験日
合格発表日
特別推薦入試
(専門高校・総合学科選抜)
10/11~10/20
10/29
11/4
特別推薦入試
(普通科選抜)
10/11~10/20
10/29
11/4
8名
推薦入試K方式
(入試特待生制度)
11/18~12/2
12/11
12/19
AO入試 Ⅰ期
(専願)
8/1~8/22
8/28
9/2
AO入試 Ⅱ期
(専願)
9/5~9/15
9/25
9/30
AO入試 Ⅲ期
(専願)
10/11~10/20
10/30
11/4
AO入試 IV期
(専願)
11/21~12/1
12/10
12/16
25名
前期A方式
(入試特待生制度)
1/5~1/19
試験日自由選択制 1/29、1/30
2/8
5名
前期B方式
1/30~2/9
2/17
2/24
後期
3/1~3/13
3/22
3/25
4名
センター 前期
1/5~1/19
個別試験なし
2/8
2名
センター 中期
1/30~2/9
個別試験なし
2/24
センター 後期
3/1~3/13
個別試験なし
3/25
大学案内(資料)
願書の受付状況
マイナビ進学にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内+願書
特別推薦
選考方法・試験科目
・書類審査(調査書・高等学校長の推薦書等)
・小テスト(基礎的な学力試験:英語・数学・化学から2科目選択)
・面接
推薦入試K方式
(特待生制度)
選考方法・試験科目
・英語・数学・化学・生物・国語から1科目選択
・調査書(評定平均値×10点)
AO(Ⅰ期~Ⅳ期)
選考方法・試験科目
・書類審査(調査書・基礎資料)と面接による総合評価
前期A方式【3科目型】
選考方法・試験科目
① 化学・生物から1科目選択
② 英語
③ 数学・国語から1科目選択
前期B方式【2科目型】
選考方法・試験科目
・化学・生物・英語から1科目選択
・数学・国語から1科目選択
後期
選考方法・試験科目
・英語・数学・化学・生物・国語から2科目選択(理科2科目選択は不可)
センター 試験利用
(前期)
選考方法・試験科目
※科目の詳細は募集要項参照。
本学独自の学科試験を課さず、平成29年度大学入試センター試験の出題科目から、各学科で指定した必須科目と選択科目の合計4科目により判定
センター 試験利用
入試(中期)
選考方法・試験科目
※科目の詳細は募集要項参照。
本学独自の学科試験を課さず、平成29年度大学入試センター試験の出題科目から、各学科で指定した必須1科目と選択2科目の合計3科目により判定
センター 試験利用
入試(後期)
選考方法・試験科目
※科目の詳細は募集要項参照。
本学独自の学科試験を課さず、平成29年度大学入試センター試験の出題科目から、各学科で指定した選択2科目により判定

出題範囲

数学
数学I、数学II、数学A、数学B(数列・ベクトル)
理科
物理
物理基礎、物理
化学
化学基礎、化学
生物
生物基礎、生物
地学
地学基礎、地学
英語
コミュニケーション英語Ⅰ、Ⅱ、英語表現
国語
国語総合(古文・漢文を除く)

過去の入試結果

一般(前期A)
千葉科学大学看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
25
33
32
27
1.2
2015
25
61
56
43
1.3
2014
25
37
36
19
1.9
一般(前期B)
千葉科学大学看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
5
25
24
6
4.0
2015
5
33
30
21
1.4
2014
10
20
16
7
2.3
一般(後期)
千葉科学大学看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
5
8
3
2
1.5
2015
5
3
1
1
1.0
2014
5
27
18
11
1.6
センター試験利用(合計)
千葉科学大学看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
9
61
61
41
1.5
2015
7
34
34
24
1.4
推薦(スカラシップ)
千葉科学大学看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
8
23
23
13
1.8
2015
8
20
20
15
1.3
AO入試(合計)
千葉科学大学看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2015
10
41
41
41
1.0
2014
10
24
24
24
1.0

千葉科学大学の特色

  • 看護の立場からみた、危機管理意識の高い人材を育成
    千葉科学大学は、「人々の健康な生活の確保に貢献できる人材の養成」を目標とする薬学部と、「危機管理の素養を身につけ安全で安心な社会を構築する人材の養成」を目標とする危機管理学部を設置し、2004年4月に開学。東日本大震災を契機に、わが国では危機管理に関する意識・対策が叫ばれるようになりましたが、本学では開学当初より、「人を助けたい、という人の大学」を標榜し、危機管理教育・研究の追究を行ってきました。この度、設置予定の看護学部では、既存2学部との連携を図った教育を展開し、「人を助けたい」というヒューマンケアの理念と、安全・安心な健康生活の確保のための危機管理の素養を持った看護実践者を育成します。
  • 実習前の準備と実習後のまとめ実習の充実により、学びを深めます
    実習では、現場の看護師による看護活動や自らが行う看護活動について、「なぜ、その行動が導きだされたのか?」という経緯を考えることで、科学的思考・判断力の強化を図ります。また、充実した実習のために、実習の前後にぞれぞれ準備・まとめの演習時間を設けます。教員の指導を受けながら、自分の実習体験を振り返ることで、現場で学んだ知識・技術の定着を目指します。実習現場は、地域住民の健康問題・課題が把握しやすく、かつ学生の地域への関心を喚起する観点から、地域に密着した病院、介護老人保健施設、特別養護老人ホームなどの施設が中心になります。
  • 最先端の施設で教育研究や学生サポートを実施しています
    最新の調剤機器、無菌操作室を備えた「模擬薬局」、災害の進行・被害の拡大をシミュレートし、対策にあたる現場での緊急対応の講義をする「防災シミュレーションセンター」など、両学部とも、最先端の教育研究用施設を駆使し、産業界の即戦力となる人材を育成しています。また、学生の様々なニーズに応えられるよう学習支援センターやキャリアセンター、図書館なども広く開放され、学生へのサポートを実施しています。
  • 太平洋を一望できる開放的なロケーションで、“安全・安心”という新時代のキーワードを探究
    国定公園と隣接するキャンパス。さんさんと降り注ぐ太陽とともに太平洋を一望できる開放的なロケーションは、まるで南国のリゾート地のよう。豊かな自然と先端の教育施設をあわせ持つ環境で、“安全・安心”という新時代のキーワードを探究していきます。

交通アクセス

JR銚子駅と千葉科学大学間を平日は、片道21便の路線バスが運行しています。

【所在地】
・千葉科学大学(本部キャンパス)…千葉県銚子市潮見町3番

【交通機関・最寄駅】
・JR銚子駅から千葉交通バス 本部キャンパス前下車10分

学校案内・受付状況

登場人物A

出願期間、試験日、試験科目は、早めに学校案内・募集要項を手に入れて必ず自分の目でチェックしてね。

千葉科学大学
大学案内・願書
受付状況
マイナビ進学にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内+願書

ページの先頭へ