獨協医科大学附属看護専門学校

1974(昭和49)年に創立された本校は、獨協医科大学の広大な敷地の北側に位置しています。敷地内には約300本の桜と銀杏並木をはじめ大小さまざまな植栽が施され、四季折々の美しい景観を見せています。 それぞれの時代で学生たちを和ませ癒してきたこの自然豊かな環境は、他にはない本校の魅力の一つです。 本校の教育理念は、獨協医科大学の建学の精神に基づき、看護の実践的・専門的職業教育を通して人間形成を育むとともに、多様化・国際化の進む社会の中で、臨床看護実践を科学的・倫理的に遂行する能力、看護の発展と質の向上に貢献できる基礎的能力を備えた「患者さま及びその家族、医療関係者をはじめ、広く社会一般の人々から信頼される看護師を育成する」ことです。 戴帽式は看護師を育成する専門学校や看護系大学などで行われるセレモニーです。荘厳な雰囲気の中で、看護師を目指す学生たちが自らの思いを新たに、ナースキャップをつけてキャンドルの炎を見つめながらナイチンゲール誓詞を唱和する姿は、見る者まで同じ感動に包み込みます。

2015年9月に、看護学生寮「Dormitory(ドミトリー)いちょう」が完成しました
本校に隣接する地上10階建ての看護学生寮「ドミトリーいちょう」は、入室する際にICチップを内蔵した鍵(ノンタッチキー)を採用するなどセキュリティー機能が充実したワンルームマンションタイプの宿舎です。※希望者が定員を超えた場合は抽選により決定します。

高い国家試験合格率(新卒)

回数(実施年月) 
受験者数
合格者数
合格率
全国平均合格率
(新卒)
106回(H29.2) 103 97 94.2% 94.3%
105回(H28.2)
87
86
98.9%
94.9%
104回(H27.2)
89
89
100.0%
95.5%

教育医療棟が完成
獨協医科大学40周年記念事業の一環として2015(平成27)年3月、「医療」と「教育」のより一層の充実を図ることをコンセプトにした「教育医療棟」が竣工しました。内部には多岐にわたる臨床実習を可能とするシミュレーション室を数多く設け、医学生、及び看護学生教育の幅広いニーズに対応できる体制を整備いたしました。

成績優秀者の授業料減免制度があります
一般入学試験において特に成績が優秀な学生に、入学金を除く、初年度分の授業料(30万円)及び教育充実費(15万円)の計45万円を免除する制度です。

4分野を3年間で体系的に学ぶ
本校では、基礎分野、専門基礎分野、専門分野Ⅰ・Ⅱ及び統合分野の4分野を3年間で体系的に学んでいきます。1年次はおもに座学で学習し、2、3年次は実習を通してより実践的な学習を積み、臨床の現場でも使える技術や知識を学んでいきます。 また、おもな実習施設となる獨協医科大学病院、獨協医科大学越谷病院、獨協医科大学日光医療センターには、多くの卒業生が勤務し、指導にあたってくれるのは心強く、また、学校との連携もスムーズです。


(写真)獨協医科大学病院
出典:commons.wikimedia.org

看護実習の充実
本校では臨地実習を重視しています。実習先は母体である獨協医科大学病院をはじめ、獨協医科大学越谷病院、獨協医科大学日光医療センターなど、地域の中核となっている病院で実習します。高い技術とチーム医療の現場を身近に学ぶことができ、看護師の責務や魅力、社会的なニーズや重要性などを深く理解しながら、現場に対応できる技術を高めていきます。 実習中は、臨床の指導者と教員が連携し、実践能力の優れた看護師を育成します。

獨協医科大学との交流
入学式に始まり、体育祭、戴帽式、獨医祭、予餞会、卒業式など、本校には年間を通して、さまざまな行事があります。 獨医祭をはじめとした獨協医大との共催行事もあり、看護学生、医学生、教職員が一緒になってイベントを盛り上げます。

創立30周年記念館
獨協医科大学創立30周年を記念して平成15年に竣工。ランニングロードを備えたアリーナやトレーニングルーム、400席のホール、セミナー室、武道場も完備。学校行事や各種講演会、授業、クラブ活動の場として利用されています。

図書館
医療を中心とした約25万冊の蔵書、閲覧席330席、コンピュータ90台、グループ学習室8室を備え、学習の場としての環境が整っています。また、全館に無線LANが整備されており、看護技術の動画や国家試験問題集がノートPCやタブレットから利用できます。

保健センター
保健室、身体測定コーナー、カウンセリングルーム、事務室があります。健康診断、予防接種、健康管理の指導やメンタルヘルスケアなどを行っています。

大学書房
大型書店なみの専門書を揃えています。また、ファッション雑誌や趣味の書籍も手に入るので、学生の姿が絶えません。

学生食堂
日替わり定食など栄養バランスのとれた食事はもちろん、おさいふにも優しいのが嬉しい。明るい雰囲気のなかで医大の学生や看護学生たちが食事をしています。また、他にコンビニエンスストア、有名コーヒーショップなどもあります。

カフェレストラン
医学部棟内にあり、緑に囲まれたオープンテラスのあるおしゃれなカフェレストラン。ドリンクの他焼きたてパン、パスタ、カレーなど豊富なメニューでランチやカフェが楽しめます。

学生寮
2015年9月に新しい学生寮が完成しました。学生寮「Dormitory いちょう」は、本校から徒歩2分の場所に位置しています。

2018年度入試情報

※入試情報は必ず最新の募集要項を入手し、ご確認ください。

定員
区分
出願期間
試験日
合格発表日
35名
推薦
(指定校)
2017年9月29日(金) ~
10月6日(金)
10月25日(水)
11月10日(金)
10名
社会人
2017年9月29日(金) ~
10月6日(金)
10月25日(水)
11月10日(金)

55名

一般
2017年12月8日(金)~
2018年1月5日(金)
1次…1月17日(水)
2次…1月19日(金)
1次…1月18日(木)
2次…1月29日(月)
学校案内
受付状況
マイナビ進学にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内
指定校推薦・社会人
選考方法
・国語総合(古文・漢文を除く)
・面接
一般
選考方法
<第1次試験>
(1) 国語総合(古文・漢文を除く)
(2) コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ
(3) 数学Ⅰ

<第2次試験>
・面接

過去の入試結果

一般入試
獨協医科大学附属看護専門学校
年度
志願者
受験者
合格者
倍率
2017 115 100 1.2
2016
165
164
113
1.5
2015
175
173
107
1.6
2014
158
156
104
1.5
2013
163
160
102
1.6
2012
214
202
96
2.1
社会人入試
獨協医科大学附属看護専門学校
年度
志願者
受験者
合格者
倍率
2017 11 11 6 1.8
2016
24
24
13
1.8
2015
26
26
17
1.5
2014
38
36
17
2.1
2013
28
28
11
2.5
2012
46
45
12
3.8
推薦入試(指定校)
獨協医科大学附属看護専門学校
年度
志願者
受験者
合格者
倍率
2017 41 41 41 1.0
2016
33
33
33
1.0
2015
25
25
25
1.0
2014
30
30
30
1.0
2013
28
28
26
1.1
2012
20
20
18
1.1

交通アクセス

【所在地】
・獨協医科大学 附属看護専門学校(栃木県下都賀郡壬生町北小林880)

【交通機関・最寄駅】
・「おもちゃのまち駅」西口下車、徒歩約15分(バスにて約3分「獨協医科大学病院前」下車)。


学校案内・受付状況

登場人物A

出願期間、試験日、試験科目は、早めに学校案内・募集要項を手に入れて必ず自分の目でチェックしてね。

獨協医科大学
附属看護専門学校

学校案内
受付状況
マイナビ進学にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内

ページの先頭へ