群馬大学・医学部
保健学科・看護学専攻

社会で活躍できる人材の育成と
最先端の創造的な学術研究を推進する総合大学

本学の起源は1873年までさかのぼります。1873年設立の小学校教育伝習所を母体とし、1949年に群馬大学学芸学部が発足。1966年に教育学部に改称されました。同じく1949年に、1943年設立の前橋医学専門学校を前身とする前橋医科大学に由来し旧制医学専門学校を前身とする医学部が発足。また1915年設立の桐生高等染織学校を発祥とした工学部も同時に発足し、2013年に理工学部へ改編、2015年には100周年を迎えました。国立大学で初めて「社会情報学」を教育・研究する学部として創設された社会情報学部は1993年に新設、「社会情報学」を探求し続け2013年に20周年を迎え、2016年にはカリキュラムを全面改訂し、これまでの2学科から1学科に改組します。

日本語・外国語教育の充実や外国語による授業など、
質の高い国際通用性のある教育課程

30を越える国・地域の110以上の大学と協定を結び、交換留学生の派遣や短期研修・語学研修にも多くの学生が参加。2012年度には交換留学や短期研修などに群馬大学独自の奨学金を新設、2013年度からは教養教育の授業としての単位が認められています。また、国際社会において活躍するトップリーダーを育成する為、GFL育成コースを2013年度に設置。「グローバル交流セミナー」、「先端研究紹介講座」、「外国人教員による特別プログラム」、「トップリーダー講演会」等により、自国及び他国の文化・歴史・伝統を理解し、外国語によるコミュニケーション能力を持ち、国内外において地球的視野を持って主体的に活動できる人材を育成しています。

世界水準の先進的な研究と、
地域に密着した活動を両立させた、開かれた大学

全学的な協力体制の下、教養教育と専門教育の融合を図り、幅広く深い教養、豊かな知性と感性、総合的な判断力、専門分野の基礎的能力を育成するため、学生の潜在能力を最大限引き出せる教育課程を編成し、実施しています。また、地域と共に歩むことを目指して、地域貢献体制を充実させ、ボランティア活動はもちろん、人材育成、医療・福祉、最先端研究、産学連携、文化交流、公開講座や小中学生に対する理科体験教室等の様々な地域貢献活動に積極的に取り組み、高く評価されています。

看護師、保健師、助産師の各専門領域の
知識・技術を効率的に、幅広く身につけます

生命、個人を尊重し、的確な看護を行うための専門的知識と技術を学びます。病気を予防する健康教育、健康回復への支援、終末期ケア、人間のライフサイクル各期における看護を修得します。また、在宅ケアマインドを持ち、高度・専門化した保健医療福祉に対応できるような教育を行います。

看護の基礎的能力を身につけるための学習を段階的に進めていきます
教養教育科目において、学問の基礎となる理念や科学的思考の基礎力を高めながら、専門基礎・支持的科目では、人体への理解、疾病の成り立ちと回復のプロセス、健康支援と社会制度、医療倫理、チーム医療等について、さらに専門科目では人々の健康課題やライフサイクル各期に応じた看護の知識・技術を段階的に学びます。

看護の各分野における臨地実習と
「チームワーク実習」で看護の専門性とチーム医療を学びます

1年次から4年次を通して、看護の各専門分野において臨地実習を取り入れ看護実践力を高めます。また、チーム医療教育では、保健学科の学生が専攻の枠を超えて集まり「チームワーク実習」を行います。それぞれの実習において看護の専門性とチーム医療の中でのそれぞれの専門職の役割と連携のあり方を学びます。

病院や地域の現場と連携し、地域に貢献できる実践的な研究活動を行っています
臨床と大学が連携した研究では、病院においてリラクセーション外来やがん看護相談外来、母性相談室、尿失禁看護相談などを開設し、実際に患者様の相談やケアに携わりながら、そこで得られた効果や実践内容を研究成果としてまとめ、看護実践の向上に寄与しています。

日本国内外における国際協力・国際交流活動を通じた研究を推進しています
国際協力・交流活動として、群馬県と協力してニカラグアで行ってきた草の根技術協力「感染症対策技術向上プロジェクト」は、大学が行う国際協力として高く評価されました。日本国内では、在日外国人の子ども達の健康を守るための活動方法やその推進体制を検討するため、在日外国人学校健診や健康相談に取り組んでいます。

看護の独自性を探求する力など
専門職として必要な基礎的能力を習得することを目指します

生命、個人を尊重し、的確な看護を提供するために、看護の専門的知識や技術を学びます。健康増進や病気を予防するための健康教育、健康回復への支援、終末期ケアなど人間のライフサイクル各期における看護を習得し、高度・専門化した保健福祉医療に対応できるような教育を行います。

主な就職先※2015年3月卒業生実績
群馬大学医学部附属病院 、 前橋赤十字病院 、 自治医科大学附属病院 、 聖路加国際病院 、 公立富岡総合病院 、 前橋市 、 東京大学医学部附属病院 、 新潟大学地域医療教育センター魚沼基幹病院 、 埼玉医科大学総合医療センター ほか


(写真)群馬大学 荒牧キャンパス正門バスロータリー
出典:commons.wikimedia.org

2017年度 入試情報

※入試情報は必ず最新の募集要項を入手し、ご確認ください。

定員
区分
出願期間(必着)
選考試験日
合格発表日
30
推薦
11/1~11/6
11/18~19
12/5
33
一般(前期)
1/23~2/1
2/25
3/7
17
一般(後期)
1/23~2/1
3/12
3/20
大学案内(資料)
願書の受付状況
スタディサプリ進路(旧 リクナビ進学)にて資料請求受付中(有料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内+願書

過去の入試結果

一般(前期)
群馬大学・医学部 保健学科・看護学専攻
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
33
106
97
37
2.6
2015
33
78
76
35
2.2
2014
33
108
98
38
2.6
一般(後期)
群馬大学・医学部 保健学科・看護学専攻
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
17
133
58
19
3.1
2015
17
117
45
17
2.6
2014
17
197
84
19
4.4
推薦
群馬大学・医学部 保健学科・看護学専攻
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
30
63
63
30
2.1
2015
30
74
74
31
2.4
2014
30
85
85
31
2.7

交通アクセス

【所在地】
・群馬大学( 昭和キャンパス : 群馬県前橋市昭和町3-39-22)

【交通機関・最寄駅】
・JR両毛線「前橋」駅より,関越交通バスで15分 「群大病院」下車

学校案内・受付状況

登場人物A

出願期間、試験日、試験科目は、早めに学校案内・募集要項を手に入れて必ず自分の目でチェックしてね。

群馬大学
学校案内・願書
受付状況
スタディサプリ進路(旧 リクナビ進学)にて資料請求受付中(有料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内+願書

ページの先頭へ