福山平成大学 看護学部

福山平成大学 看護学部 看護学科 社会のニーズに沿った看護カリキュラム

ここから始まる、新たな可能性への挑戦。社会で活躍できる人になる!

本学では、知識と技術に裏付けられた「総合的な問題解決能力」を身につけ、自分の責任で考え選択し行動できる人、すなわち、「これからの社会で活躍でき尊敬される人材」を育成しており、1994年の開学以来、個性ある私学として、また広く社会に開かれた新しい大学としての使命を果たしています。

今後、社会の需要が高まる流通や医療経営、幼児保育、社会福祉、健康スポーツ、看護医療などの領域に対応すべく、経営・福祉・教育・健康・看護分野それぞれの専門学科を設置し、現場で即戦力となれる実務能力や資格が取得でき、かつ広い視野を持って自主的思想ができる独自の学びスタイルを提供します。また、実社会で求められる知識・技術を育てると共に、地域に密着した学び方ができるのも大きな特徴です。

新たな可能性の発見と、その先にある夢の実現へ向けて挑戦しようという学生一人ひとりの熱意を全力でバックアップします。


(写真)福山平成大学
出典:commons.wikimedia.org

看護学部

看護の視点から人々の健康と生活を支える能力を育て、人を思いやることのできる感性豊かな看護師を目指します。

社会ニーズに応える看護学カリキュラム

●看護実践能力育成の充実
対象者の最適な看護が実践できるよう必要な専門知識や技術の理解、技術を習得し、的確な看護援助活動の提供を目指します。

●対象者の心のケアを重視した看護援助活動
心理的障害を受け苦しんでいる対象者に対し、優しさと思いやりの心を持って、心理的ケアができる力をつけます。

●看護実践能力の重視・在宅看護援助の充実
身体的・精神的・心理的側面、社会的環境を考慮した療養者の生活と健康を守り、援助活動ができる力を習得します。

取得できる資格

・看護師国家試験受験資格

・保健師国家試験受験資格(選択制)

・養護教諭一種免許(選択制)

取得できる資格のパターン

1)看護師のみ

2)看護師+保健師(約15名)

3)看護師+養護教諭一種、高等学校教諭一種または中学校教諭一種

看護専門職者として心・技のバランスが取れ、地域の医療・保健・福祉に貢献できる人材を育成

看護師・保健師(選抜制)の国家試験受験資格の取得、養護教諭、高校教諭(看護)の資格取得ができます。また本学科卒業後、助産学専攻科(1年制)、看護学研究科(修士課程)へ進学することもできます。助産学専攻科では1年間で助産学に関する知識・技術を習得することができ、助産師国家試験受験資格を取得できます。

地域住民への貢献。これが看護学科の目的

地域社会への貢献をめざす本学科では、大学近隣や福山市内周辺の病院、施設での看護実習を行い、地域の子どもから高齢者までの健康レベルの向上に貢献しています。また助産院、緩和ケア病棟、救命救急での実習で高度な看護にも触れ、看護師としての現場経験を積むことで卒業時に活躍できる知識・思考・技術を身につけます。

健康で豊かな地域社会を築く、看護・保健のエキスパートへ

医療機関で活躍する看護師や保健師として地域社会に貢献します。2016年3月卒業生の看護師<国>合格率は97.8%(合格者87名)、保健師<国>合格率は100%(合格者56名)でした。病院、施設、養護教諭や高等学校看護専攻の教諭、一般企業で社員の健康管理を行う衛生管理者、さらに大学院進学と卒業後の活躍分野は多彩です。

現場そのままの充実施設で臨場感いっぱいに学ぶ

看護技術を学ぶ「基礎看護学実習室」、「成人・老年看護学実習室」、人体モデルを使い生体反応を読み取る訓練「フィジカルアセスメントルーム」、妊娠・分娩・新生児・小児看護を学ぶ「母性看護学実習室」、「小児看護学実習室」、一般家庭を再現した「在宅看護実習室」等臨場感を持って実践能力が磨けるような設備を整備。

入学試験の成績により、原則4年間の学費を4割減免する「特別奨学生A」

一般入試と大学入試センター試験利用入試の成績優秀者を「特別奨学生A」として学費の一部を減免しています。採用基準は入試の成績のみ(2年次以降は所定の単位数の取得、平均値75点以上が必須となります)。特別奨学生として独自の試験は課しません。看護学部では52名が特別奨学生Aとして採用されました(2016年度実績)。

主な就職先(※2017年3月卒業生実績)

福山市民病院 、 中国中央病院 、 脳神経センター大田記念病院 、 福山医療センター 、 広島大学病院 、 東京大学医学部附属病院 、 東京慈恵医科大学付属柏病院 ほか

スポーツ系クラブは全19種。各種大会で入賞する実力派クラブもあり

クラブ活動が盛んな本学では、中四国屈指の強豪チームであるバレーボール部は、中国大学リーグで優勝をはじめ、全国大会常連の軟式野球部やソフトテニス部は、全国大会でも上位入賞しています。文化系クラブにおいても軽音楽部、吹奏楽部、シグマソサエティなど多彩な分野で活動中。

大学では学問・知識を修めるだけではなく、好きなことに熱中する仲間とともにひとつの目標をめざすクラブ活動を通して、たくさんの出会いとチャンスを見つけ、成長の糧にしてほしい。広々としたグラウンドや充実の施設環境を整えることで大学も応援しています。自由にのびのび、そして熱くなれる本気の活動が、キャンパスライフをより有意義なものにしてくれます。

2019年度 入試情報

※入試情報は必ず最新の募集要項を入手し、ご確認ください。

区分
選考試験日
推薦A
2018年11月6日(火)
2018年11月7日(水)
(試験日自由選択制)
推薦B
12月8日(土)
一般前期A
2019年1月31日(木)
2019年2月1日(金)
2019年2月2日(土)
2019年2月3日(日)
(試験日自由選択制)
一般前期B
2019年2月20日(水)
一般後期
2019年3月9日(土)
センター前期
個別試験なし
センター後期
個別試験なし
大学案内
受付状況
マイナビ進学にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内+願書
推薦(A・B)
選考方法
【必須】英語
【選択】国語、数学、理科から1科目選択
一般(前期A・B)(後期)
選考方法
【必須】英語、国語
【選択】国語、理科から1科目選択
センター前期
選考方法
センター試験科目(3教科3科目)※科目の詳細は募集要項参照。
・英語、国語、公民、地歴、数学、理科から3教科3科目選択。ただし、公民と地歴の組合せは不可。 4教科・科目以上受験した場合は、高得点の3科目を合否判定に使用する。
センター後期
選考方法
センター試験科目(2教科2科目)※科目の詳細は募集要項参照。
・英語、国語、数学、理科から2教科2科目選択。3教科・科目以上受験した場合は、高得点の2科目を合否判定に使用する。

過去の入試結果

公募推薦(合計)
福山平成大学 看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
競争率
2018 16 63 63 30 2.1
2017 16 95 95 39 2.4
2016
16
82
82
34
2.4
2015
16
66
66
34
1.9
2014
16
65
65
36
1.8
2013
16
81
81
34
2.4
一般(合計)
福山平成大学 看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
競争率
2018 36 119 118 72 1.6
2017 36 120 114 85 1.3
2016
36
169
167
114
1.5
2015
36
171
166
118
1.4
センター試験利用(合計)
福山平成大学 看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
競争率
2018 12 60 60 49 1.2
2017 12 62 62 47 1.3
2016
12
94
94
68
1.4
2015
12
77
77
57
1.4
2014
12
76
54
1.4
2013
12
95
48
2.0

オープンキャンパス

福山平成大学で夢中になれることが、きっと見つかるはず!

あなたの個性を引き出す充実のカリキュラムや最新の設備がここにはあります。

見学会は知りたいことやわからないことを実際に見て、体験できる絶好のチャンスです。

スタッフ一同、さまざまなイベントを用意して皆さんの参加をお待ちしています!

【プログラム】
●概況説明
●学部・学科説明
●施設見学
など

【参加特典】
●入試関連資料配布
●大学オリジナルグッズをプレゼント
●無料送迎バスを運行(事前にお申し込みください)

【開催日程】
・2019年03月16日(土)13:20~16:20(受付13:00~)

交通アクセス

【所在地】
・福山平成大学(広島県福山市御幸町上岩成正戸117-1)

【交通機関・最寄り駅】
・JR山陽本線「福山」駅よりJR福塩線に乗り換え「神辺」駅下車、東口よりスクールバスで約10分。
・JR山陽本線「福山」駅下車、南口より中国バス1番乗り場から「中国中央病院方面行」乗車、「中国中央病院」または「福山平成大学西」下車(所要時間約25分)。
・広島市内より高速バス「リードライナー」が大学前まで運行(所要時間約1時間50分)。

学校案内・受付状況

登場人物A

出願期間、試験日、試験科目は、早めに学校案内・募集要項を手に入れて必ず自分の目でチェックしてね。

福山平成大学
学校案内
受付状況
マイナビ進学にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内+願書

ページの先頭へ