常葉大学・健康科学部・看護学科

大学での学びによって、専門知識やスキルを身につけることはもちろん、卒業後、社会人として自立するためには、豊かな人間性が欠かせません。常葉大学では、1年次に全学共通科目として「人間力セミナー」という少人数のゼミ形式の演習科目を必修としています。また、教養教育・キャリア教育にも力を入れています。これらを基礎とし、10学部19学科の専門教育では、実践的なプログラムにより身につけた幅広い知識と高度な技術を教育・保育・スポーツ・医療・デザインなどあらゆる分野で活かせる応用力を養うとともに、コミュニケーション能力や問題解決能力を磨いていくカリキュラムを設定しています。


(写真)常葉大学 水落校舎
出典:commons.wikimedia.org

常葉大学の特色

  • 取得できる資格
    ・看護師国家試験受験資格
  • 総合大学の強みをいかした教育で、深い知性と豊かな人間性を養う
    医療の現場で活躍するために必要な「医療周辺領域」の学びはもちろん、総合大学という強みを活かして幅広い教養教育を展開。最先端の知識・技術とともに、あたたかな心をもって、患者さんのメンタル・ヘルスも重視した看護を追究できる看護師をめざし、教養と専門領域をバランスよく学んでいきます。
  • 4年間で段階的に力をつけていく、実践的かつ専門的なカリキュラム
    1年次は看護の前提となる「人間についての理解」を深めるため教養科目を履修。2年次から本格的に専門科目がスタートし、各領域での看護の基礎知識や役割を学びます。3年次には実際に入院患者さんを受け持つ「看護学実習」がスタート、 4年次には応用能力を磨き、国家試験合格のための勉強に取り組みます。
  • 2つの学科が連携したカリキュラムでチーム連携と協働について学ぶ
    看護学科と静岡理学療法学科が連携したカリキュラム「チーム連携セミナー」では、両学科の学生がチームを組み、プロジェクト学習を通して、お互いの専門分野の違いや共通性を理解するとともに、医療チームの連携・協働について実践的に学びます。
  • JR「静岡駅」から歩いて通える都市型キャンパス「水落校舎」
    JR「静岡駅」に近く、交通や買い物などの利便性にも優れた静岡市葵区水落町に、看護学科の校舎があります。官公庁や学校、病院などの文教地区の中にあり、新たな学生交流や情報発信の拠点としての活用が期待されています。実習施設である病院が近隣に揃っていることも魅力の1つです。
  • これからの地域医療を支えていく、看護のスペシャリストを育てるために
    高齢化社会の到来と医療技術の急速な高度化により、医療分野における人材不足は社会的な問題です。特にチーム医療の進展は、チームに加わる一人ひとりに対してより高い専門性と深い知識を求めています。このような現状から今後の地域社会を見据え一人でも多くの質の高い医療従事者を輩出するために看護学科が誕生しました。
  • 主な実習先
    静岡赤十字病院/静岡市立病院/静岡県立総合病院/静岡県立こども病院/静岡県立こころの医療センター/静岡県立静岡がんセンター 静岡てんかん・神経医療センター/藤枝市立総合病院/静岡済生会総合病院 ほか
  • 10学部19学科の総合大学ならではの、多彩なクラブ・サークル活動
    <体育会系> 男子ソフトボール部・女子ソフトボール部・男子サッカー部・女子サッカー部・男子バスケットボール部・女子バスケットボール部・バレーボール部・ハンドボール部・軟式野球部・硬式テニス部・ソフトテニス部・フットサル部・陸上部・弓道部・剣道部・柔道部・薙刀部・空手部・少林寺拳法部・チアリーダー部・バトミントン部・セビジャーナス部・ダンス部・水泳部・常大祭り組 <文化系> 理科研究部・ボランティアサークルつくしんぼ・心理サークル・ともだちや(読み聞かせ隊)・ジャグリングサークル心の技・手話サークル・邦楽部・合唱部・I・F・A・写真部・華道部・軽音楽部、ウインド・サウンズ・ アンサンブル W・S・E、街角音楽サークル・陶芸部・演劇部・茶道部、アコースティック・ サウンドミュージック A・S・M、生涯学習活動研究会たぬきの仲間達・彫刻部・ピアカウンセリングサークル、漫画・イラスト・映像製作同好会、未来デザイン研究同好会、総合学習研究会びっくりばこ、アートセラピーコミュニケーション研究会 <サークル・同好会> スポーツサークル、ミュージカルサークル、卓球同好会、ビーチスポーツ、子どもふれあい教室「わかば」、アカペラ同好会、ありのまま会、映画部、おんたま(教職サークル)、旅行サークル、特別支援教育研究会、Tokoha Aquarium Club、版画クラブ、野外活動サークル、結志(ボランティア)

2017年度 入試情報

※入試情報は必ず最新の募集要項を入手し、ご確認ください。

定員
区分
出願期間(消印有効)
選考試験日
合格発表日
18名
一般推薦入試
10/13~11/2
11/13
11/24
16名
奨学生入試
11/9~11/29
12/11
12/22
5名
特待生入試
11/16~12/4
12/13
12/25
25名
一般入試(前期日程)
12/26~1/13
2/1、2/2
2/17
5名
一般入試(後期日程)
2/15~2/28
3/10
3/18
5名
センタープラス
2/26~1/13
一般[前期]
2/1、2/2
2/17
7名
センター前期
12/26~1/20
個別試験なし
2/17
4名
センター後期
2/15~2/28
個別試験なし
3/18
大学案内(資料)
受付状況
マイナビ進学にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 大学案内+願書
一般推薦入試
選考方法・試験科目
・書類審査、面接、学力試験(国語基礎力検査)、小論文・作文
奨学生入試
出願資格・選考方法
【必須】英語
【選択】国語、理科、数学から2科目選択
※科目の詳細は募集要項参照
※奨学生として合格しなくても試験成績が良好な者は一般入試合格者として扱う。
特待生入試
選考方法・試験科目
【必須】英語
【選択】国語、理科、数学から2科目選択
※科目の詳細は募集要項参照
※特待生A2名、B3名。特待生として合格しなくても試験成績が良好な者は一般入試合格者として扱う。
センタープラス入試
※一般入試[前期日程]
への出願が必須

選考方法・試験科目
<判定方法>一般入試[前期日程]の指定1科目と大学入試センター試験2科目の合計得点で合否を判定。
【センター試験】国語、英語、数学、理科から2教科2科目選択。
【個別試験】英語
一般入試(前期・後期)
選考方法・試験科目
※科目の詳細は募集要項参照
【必須】英語
【選択】国語、理科、数学から2科目選択
センター(前期・後期)
選考方法・試験科目
センター試験科目※科目の詳細は募集要項参照。
【必須】英語(リスニング含まない)
【選択】国語、数学、理科から2教科2科目選択。

過去の入試結果

一般入試(前期)
常葉大学健康科学部看護学科
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
28
254
243
93
2.6
2015
28
142
140
103
1.4
2014
28
256
252
109
2.3
2013
42
316
306
62
4.9
一般入試(後期)
常葉大学健康科学部看護学科
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
10
32
21
15
1.4
2015
10
17
13
3
4.3
2014
10
36
27
2
13.5
2013
10
74
57
43
1.3
センター試験利用入試(前期)
常葉大学健康科学部看護学科
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
8
120
120
18
6.7
2015
8
80
80
41
2.0
2014
8
101
101
39
2.6
センター試験利用入試(後期)
常葉大学健康科学部看護学科
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
4
7
7
5
1.4
2015
4
6
6
5
1.2
2014
4
6
6
1
6.0
奨学生入試
常葉大学健康科学部看護学科
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
5
131
131
50
2.6
2015
5
108
108
48
2.3
2014
5
101
101
48
2.1
一般推薦入試
常葉大学健康科学部看護学科
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
20
47
47
30
1.6
2015
20
27
26
19
1.4
2014
20
40
40
26
1.5
2013
18
77
77
29
2.7
特待生入試
常葉大学健康科学部看護学科
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
5
152
147
80
1.8
2015
5
122
120
58
2.1
2014
5
135
127
65
2.0
2013
10
187
181
58
3.1


交通アクセス

【所在地】
・常葉大学 水落校舎(静岡県静岡市葵区水落町1番30号)

【交通機関・最寄駅】
・JR「静岡」駅より徒歩約15分
・静岡鉄道「日吉町」駅より徒歩約5分


常葉大学
大学案内・願書
受付状況
マイナビ進学にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 大学案内+願書


※当サイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、 当サイトのご利用によって生じたいかなる不利益に関しても、 一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

このページの先頭へ