准看護師は廃止の方向へ…

准看護師は准看護師学校(准看護師養成所)卒業後、都道府県知事試験に合格すると、都道府県知事から免許を交付されます。看護師との違いは、准看護師は知事免許であり、国家免許ではありません。 また、看護業務を医師、歯科医師または看護師の指示を受けて行うことがありますが、それ以外の職務内容等については、特に看護師との違いや規制は設けられていません。 そのため看護師と同様の看護業務を行っていながら、正看護師でないという理由から給与が低く抑えられている実態があり、准看護師は廃止すべきだという意見もありますが、日本医師会の反発もあり、廃止までには至っていません。また、就業経験10年以上の准看護師が、看護師になるための移行教育も平成16年度から実施されています。看護短大や看護専門学校が減少し、看護の世界も大学卒への流れがあります。そのような傾向がある中で、国家資格ではない准看護師の存在意義は薄く、廃止の可能性もありますし、これから看護師を目指すという人は将来性を含め、正看護師を目指すのが現実的でしょう。

正看護師なら国家資格なので、日本全国どこの病院でも働ける

准看護師の仕事が正看護師より楽かというと、そのようなことはなく、仕事内容はほぼ同じです。仕事の大変さや仕事内容は同じなのに、給料が安いということ もあり、准看護師のメリットはほとんどないでしょう。准看護師は国家資格ではないので、交付された都道府県でしか働けません。正看護師の場合は日本全国ど この病院でも働けます。将来、結婚をして引っ越すことになったとしても、地域が変わっても、正看護師の免許さえあれば、就職が比較的容易に見つかります。できることなら、看護専門学校よりも看護大学を卒業しておくと、将来のためにプラスになるかもしれません。給与の面でも大卒と専門卒の差は若干あります が、金銭面のことよりも将来、看護師長や大学で講師として教鞭を取りたい場合など、大学卒の方が有利になることはあるでしょう。

また、看護大学では、1年 次に一般の大学生同様に、一般教養科目を学ぶことができます。看護を幅広く勉強したい人は、大学で体系的に学ぶことができます。ただ、看護専門学校に入学するのがよくないということではありません。専門学校は3年という時間のなかで実践的な看護教育を受けられますし、即戦力となりますので、すぐに現場で働きたいという人にとっては、看護専門学校に行くことはベストな選択でもあります。金銭的にも圧倒的に専門学校のほうが安く、経済的な事情で学費が払えない家庭の人は、奨学金制度もとても充実しているので、専門学校がオススメです。 いずれにしても、最近は看護学校も大学・専門学校問わず、入りやすくなってきているので、あえて准看護師を目指す必要性はないと思われます。

このページの先頭へ