川崎市立看護短期大学

川崎市立看護短期大学の特徴
1.より上質に…一人ひとりを大切にした教育体制
学生一人ひとりの目標や課題に対して、きめ細やかな支援と学習環境が整っています。 平成25年度の公益財団法人大学基準協会による認証評価により、短期大学基準に適合して いると認定されています。

2.より早く… 国家試験受験資格と短期大学士の学位を同時取得
修学期間3年で看護師国家試験受験資格を得られる短期大学です。 卒業時に短期大学士の学位が授与されます。

3.より経済的に…公立公営の強みを生かし、少ない学費負担
学費の負担が少なく、川崎市の住民の方は入学金が半額減免されます。 奨学金、修学資金制度が整備され、多くの学生に利用されています。

4.より確実に…看護師としての就職率100%
充実した進路指導体制により、就職希望者の就職率はこれまで100%です。 多くの学生が川崎市内に就職し、地域に貢献しています。

担任制
早期に学生生活に適応し、円滑に学習継続できるよう、担任教員を配置しています。 学習面や進路の悩みなど、学生生活における相談窓口として、支援やアドバイスを行なっています。 1年生と2年生は、学生生活の早期対応と円滑な学習が継続できるよう、10~12名の学生に対し2名の教員が担 当します。3年生は、国家試験の学習や卒業後の進路相談ができるよう、5~7名の学生に対し1名の看護系教員が 担当します。 また、担任教員以外でも、本学の教職員全員が相談にいつでも応じ、学生生活を全面的にサポートしていきます。

進路就職活動
就職及び進学については、学生が主体的に取り組み、適切な選択・決定ができるように教職員全員がサポートし ています。進路指導のガイダンスを年3回行なっています。「就職・進学コーナー」を設置し、各施設のパンフレット、 その他進路に関する資料を自由に閲覧できるようになっています。

健康管理
健康管理に関しては、定期健康診断を毎年実施し、その他に希望者に対し校医による健康相談が月1回、カウンセラーによる学生相談 が毎週1回行われています。 健康相談室(保健室)は、ちょっとしたけがの処置や体調不良時 に休めるベッドを備えています。看護師が月曜日から金曜日まで在 席し学生の皆様の心身の健康相談や予防接種の相談の他、誰かに話 を聴いてもらいたい時など気軽に利用できる相談室となっています。 また必要時は、校医やカウンセラーへの橋渡しも行ないます。その 他に体組成付き体重計や、身長計、血圧計も備え、学生自らが利用 し主体的に自己の健康が増進できるようサポートしています。

主な実習先
川崎市立川崎病院(川崎区)
診療科29科、病床数713床、一般病棟入院 基本料7対1、川崎南部地域の基幹病院とし て、安全で安心な質の高い医療サービスを 提供している。また、従来の病院完結型医 療ではなく、地域全体の医療サービスを見 据えながら、近隣の病院、診療所と、それぞ れの特徴を活かした機能分担と連携を進 めている。高度急性期医療を提供する病院 として、職員の人材育成に力を入れるとと もに、看護をたのしみ、実感できる職場環 境づくりに取り組んでいる。

川崎市立井田病院(中原区)
診療科17科、病床数383床、看護体制7対 1、市内唯一の結核病棟を有し、川崎南部の 中核病院として地域全体で住民の健康を 守るという視点で医療を提供している。 ターミナルケアを推進し、在宅治療にも力 を入れている。がん診療連携拠点病院とし て「がん診療」にも力を入れている。看護職 として、「社会のニーズに応え、自ら創る組 織作り」を目指している。

川崎市立多摩病院(多摩区)
診療科26科、病床数376床、看護体制7対 1、川崎市北部地域の急性期医療、成人・小 児救急医療、災害時医療を主軸とした、急 性期医療を担う中核病院として医療を提 供している。看護職一人ひとりがプライド を持って最大限に能力が発揮できること を目指している。

<その他の実習施設>
聖マリアンナ会東横惠愛病院/ かわさき老人福祉・地域交流センター/ 川崎市南部地域療育センター /さいわい健康福祉プラザ /川崎市北部リハビリテーションセンター/ 川崎市立保育園(12か所) /済生会横浜市東部病院/ 川崎市各区役所 /保健福祉センター /横浜市立脳卒中・神経脊椎センター /川崎市内訪問看護ステーションなど

主な就職先(※2016年3月卒業生実績)
川崎病院、井田病院、聖マリアンナ医科大東横病院 日本医科大学病院、帝京大学附属病院、川崎市立多摩病院、川崎協同病院、生田病院、太田病院、 AOI国際病院、新川橋病院、日本鋼管病院、川崎幸病院、新百合丘総合病院など


(写真)川崎市立看護短期大学

2017年度入試

※入試情報は必ず最新の募集要項を入手し、ご確認ください。

定員
区分
出願期間(消印有効)
選考試験日
合格発表日
35名
推薦
11/1~11/2
11/12
12/6
35名
一般
(センター利用)
1/10~1/18
2/11
2/17
10名
社会人特別選抜
9/1~9/7
1次…9/24
2次…10/22
1次…10/12
2次…11/8
大学案内(資料)
願書の受付状況
リクナビ進学にて資料請求受付中 (有料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内
② 願書
推薦入試
選考方法・試験科目
・小論文試験、面接試験ならびに書類審査 により総合的に選抜します。
一般入試
選考方法・試験科目
<センター試験、3科目受験>(※科目の詳細は募集要項参照)
【必須】国語(近代以降の文章)
【必須】外国語(英語・リスニングを除く)
【選択】「数学Ⅰ・数学 A」「数学Ⅱ・数学 B」「物理」「化学」「生物」の 5 科目から 1 科目。 または、「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」の 3 科目から 2 科目。

<個別学力検査等>
個人面接
社会人特別選抜入試
選考方法・試験科目
一次選抜:小論文
二次選抜:一次選抜合格者に対し て、個人面接試験を実施し、小論文 試験、面接試験ならびに書類審査に より総合的に選抜します。

過去の入試結果

推薦(合計)
川崎市立看護短期大学
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
35
43
43
35
1.2
2015
35
44
44
32
1.4
2014
35
35
31
31
1.1
2013
35
47
47
34
1.4
2012
35
41
41
33
1.2
2011
35
38
38
29
1.3
一般入学
川崎市立看護短期大学
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
35
151
125
60
2.1
2015
35
174
138
57
2.4
2014
35
261
199
61
3.3
2013
35
248
185
50
3.7
2012
35
236
185
61
3.0
2011
35
228
177
60
3.0
社会人特別選抜
川崎市立看護短期大学
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
10
33
32
7
4.6
2015
10
60
59
13
4.5
2014
10
67
65
13
5.0
2013
10
86
86
11
7.8
2012
10
65
65
12
5.4
2011
10
78
76
13
5.8

交通アクセス

【所在地】
・川崎市立看護短期大学(神奈川県川崎市幸区小倉4丁目30番1号)

【交通機関・最寄駅】
・JR川崎駅西口からバス「末吉橋」下車徒歩3分
1. バス乗り場59番  川53「元住吉(末吉橋経由)」行き  川57「末吉橋矢向循環外回り」
2. バス乗り場60番  川51「綱島駅(末吉橋経由)」行き



川崎市立看護短期大学
学校案内・願書
受付状況
リクナビ進学にて資料請求受付中 (有料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内
② 願書


※当サイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、 当サイトのご利用によって生じたいかなる不利益に関しても、 一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

このページの先頭へ