金城大学看護学部

「看護」「福祉」「介護」「こども」「リハビリテーション」が学べる医療・福祉の総合大学
社会福祉学部と医療健康学部を擁し、医療・福祉の総合大学として、地域が求める心豊かな専門職を育ててきた金城大学。社会福祉士や介護福祉士など福祉や介護の専門職、保育士や幼稚園教諭、リハビリテーションに関わる理学療法士や作業療法士をこれまで数多く世に送り出してきた実績があります。 その金城大学が、2015年4月に看護学部看護学科を開設しました。ひとに寄り添い、ひとを援助する専門職である看護師の活躍の場は、これからもますます広がっており、多様な医療・福祉の専門職を志す学生を育ててきた教育体制を活かしながら、地域の医療に貢献できるあたたかな心をもった看護職のエキスパートを養成します。

看護学部のために新キャンパスを開設
看護学部では2015年4月の新設に合わせて、公立松任石川中央病院横に新キャンパスを開設。傍には白山市役所もあり、医療・行政の中心で、最新の設備のもと学ぶことができます。実習や講義を通じた病院との連携はもちろん、地域の医療・福祉を身近に感じる環境です。 公立松任石川中央病院との連携は実習だけでなく、「臨床栄養学」や「安全管理」「感染防御」などの医療系科目で、第一線で活躍する医師が講義を担当。医療現場の現状が分かる、臨場感ある授業が展開されます。

福祉・医療の両学部と融合・感化しあう学び。
看護学部に先立ち、社会福祉学部・医療健康学部の2学部ですでに実績とネットワークを確立してきた金城大学。 新設の看護学部では、将来の現場に深く関わるこの2学部の学びを活かし、互いに融合し感化しあうカリキュラムを編成します。 カウンセリングや援助論といった科目を共通で受講するほか、将来的には学部の垣根を越えた合同研究なども視野に入れ、福祉・医療の両分野にわたる広い識見とコミュニケーション能力を育成。チーム医療が進む現場に即した人材を目指します。

看護師としての適性を育む国家試験対策。
ある状況の中で最善の対処法を答える状況設定問題など、的確な問題解決力が問われる看護師国家試験。 中でも一定以上の得点が条件となる「必修問題」は、医療現場に携わる者にとって最も基礎的かつ根本的な問題で、それだけに難解なものも含まれます。本学の看護学部では、思考力や想像力、問題解決力を培うための教養教育と少人数による看護基礎教育を実践。 4年間を通して看護師としての適性を育むほか、徹底した国家試験対策でハイレベルな看護師を養成します。

密接に連携し、共に成長しあう実習環境。
看護を学ぶ上で欠かせない「臨地実習」では、授業で学んだ理論と演習を踏まえ、より高い専門性と判断能力を磨いていきます。 看護学部は、公立松任石川中央病院に隣接。地域の中核病院と密接に連携していくことで、学生と現場が互いに影響しあい、成長しあえる環境を実現します。 他にも、母性や小児を対象とした産科や保健施設での実習や、社会福祉学部・医療健康学部でのネットワークを活かしたさまざまな施設での実習環境も用意。実習を通して、自身の適性と専門性を高めていきます。

自ら学ぶ少人数教育に最適な環境
看護学部の学びは、グループワークや、さまざまな課題に対して自分で資料を集め、解決策を見出していく学習方法「PBL(Problem Based Learning)」を中心に進められます。 そのため、少人数教育が基本。看護学部では、ミーティングルーム(演習室)を多数設け、自分が何を学びたいのかを主体的に考えます。 特に「臨地実習」では、成人看護・老年看護・母性看護など看護の領域ごとにさまざまな体験をします。 実習前のオリエンテーションから実習後のカンファレンスまで、課題の発見と再構築を繰り返すことで自らの看護観を確立していきます。そして将来は、専門看護師や認定看護師としてのキャリアアップや、助産師や保健師への道も見えてきます。豊かな教育環境と学習プロセスを備えた4年制大学での学びは、あらゆる可能性へのステップとなるはずです。

チーム医療への意識を高める学部交流
教養科目や、医療健康学部の実習室を使った解剖生理学実習など、講義は笠間キャンパスでも行われます。 また、クラブ・サークルや図書館・食堂など、他の学部生と同じ時間・同じ場所を共有することも多い4年間。 こうした交流を通じて、他の専門職への認識を深め、将来のチーム医療への意識を高めていきます。

多彩な実習経験を育む提携病院
公立松任石川中央病院公立つるぎ病院能美市立病院やわたメディカルセンター小松市民病院金沢赤十字病院金沢市立病院北陸病院芳珠記念病院金沢医科大学病院ときわ病院、医王病院、石川病院、松原病院、石川県済生会金沢病院 ほか


(写真)公立松任石川中央病院
出典:commons.wikimedia.org

2017年度 入試情報

※入試情報は必ず最新の募集要項を入手し、ご確認ください。

定員
区分
出願期間(郵送必着)
選考試験日
合格発表日
20名
学校長推薦
11/1~11/7
11/13
11/20
10名
専門・総合学科推薦
11/1~11/7
11/13
11/20
5名
自己推薦
12/5~12/12
12/18
12/23
34名
一般(前期)
1/4~1/20
2/1、2/2、2/3
※日程により会場が異なる
2/12
6名
一般(中期)
1/30~2/15
2/20
2/25
一般(後期)
2/20~2/28
3/5
3/11
5名
センター前期
1/4~1/27
個別試験なし
2/12
センター中期
1/30~2/15
個別試験なし
2/25
センター後期
2/20~2/28
個別試験なし
3/11
大学案内(資料)
受付状況
マイナビ進学にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内
学校長推薦
選考方法・試験科目
個人面接、基礎学力試験(60分)に提出書類を総合して判定
自己推薦
選考方法・試験科目
個人面接、基礎学力試験(60分)に提出書類を総合して判定
一般(前期・後期)
選考方法・試験科目
【必須】英語
【選択】国語、数学、理科から2科目選択
※科目の詳細は募集要項参照
一般(中期)
選考方法・試験科目
【必須】英語
【選択】国語、数学、理科から1科目選択
※科目の詳細は募集要項参照
センター(前期)
選考方法・試験科目
センター試験科目※科目の詳細は募集要項参照。
【必須】英語(リスニング含む)
【選択】国語、数学、理科から高得点の2科目
センター(中期・後期)
選考方法・試験科目
センター試験科目※科目の詳細は募集要項参照。
【選択】英語(リスニング含む)、国語、数学、理科から高得点の3科目

過去の入試結果

一般 前期
金城大学看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
競争率
2016
37
198
189
129
1.5
2015
40
207
186
156
1.2
一般 後期
金城大学看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
競争率
2016
3
16
16
9
1.8
2015
5
11
8
6
1.3
センター試験利用(合計)
金城大学看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
競争率
2016
5
68
68
29
2.3
推薦(合計)
金城大学看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
競争率
2016
30
27
27
24
1.1
2015
35
35
35
26
1.3

交通アクセス

【所在地】
・金城大学(松任キャンパス)…石川県白山市倉光1丁目250番地

【交通機関・最寄駅】
・最寄駅「松任駅」まで、JR北陸本線金沢駅から10分、小松駅から20分
・「松任駅」〜松任キャンパス、シャトル・路線バス利用で6分


学校案内・受付状況

登場人物A

出願期間、試験日、試験科目は、早めに学校案内・募集要項を手に入れて必ず自分の目でチェックしてね。

金城大学
大学案内
受付状況
マイナビ進学にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内

ページの先頭へ