姫路大学・看護学部

姫路大学 人とともに生きる 「看護」「教育」のプロを育成

現場のニーズに応える看護と教育のプロフェッショナルを育成

本学は、2007年に看護学部の単科大学として開学し、翌年2008年に教育学部および同通信教育学部を開設した、看護学部と教育学部を柱とする大学です。「教育の目的は、人に愛され、信頼され、尊敬される人の育成にある」を建学の精神とし、他人や自然を思いやれる「共生の心を備えた人材」の育成を目標としています。看護学部と教育学部の2学部体制で、人の“生命”と“成長”という側面からアプローチし、総合的視野と確かな実践力で社会に貢献する専門職業人の育成に取り組んできます。


(写真)姫路大学
出典:commons.wikimedia.org

看護学部

西日本屈指の看護実習施設を有しており、脈拍や心音など、患者の状態を設定計測できるシミュレーション人形「シムマン(R)」など、先端医療の現場を体感できる充実の最新実習施設となっています。

教育学部

ピアノ50台が並ぶML教室や個別のピアノ練習室、遊戯療法室など特色ある実習室がたくさんあります。また、発達障がい児支援のカリキュラムが豊富で、発達に遅れのある子どもへの支援を実践できる教育者を育てます。

学生の学びを助けるオープンスペース

近年完成した新棟には、自発的な学習を促したり、学生同士もしくは教職員と自然なコミュニケーションが図れる場所として、各階にそれぞれテーマの違ったオープンスペースが用意されており、より充実した学生生活を過ごす環境が整っています。

看護学部の概要

最近の医療技術の著しい発展は、看護の機能や内容を刻々と変化させ、救命救急、重症患者の看護、慢性疾患患者の看護、ターミナルケア、生活習慣病の予防など広い範囲で、人々の複雑で多様なヘルスケアニーズに対応できる高度な看護の知識や技術が求められるようになってきています。

加えて、災害看護や国際看護といった新しい分野の活動も看護者に期待されています。少子高齢化の進展に伴い、入院中心の看護から自宅、介護施設や障害者施設、学校や職場まで人々が暮らすあらゆる場で看護を提供していかなくてはいけません。

看護の機能は、健康の維持・増進、病気の予防、病気や障害からの回復、死の看取りまで幅広いものです。現在の医療崩壊を食い止め、人々が安心して暮らせるようになるために看護ができることはたくさんあります。豊かな教養と深い専門的知識と確かな技術を身につけ、自己研鑽の努力を厭わず、使命感を持って看護の価値を社会のために具現化していける専門職を育成します。

充実した学内外実習を含め多数の科目を用意。進路に合わせた高度な看護能力を習得できます

教養科目を通し、看護に必要な思考力や判断力を養うとともに、看護の基本、健康増進・疾病予防、看護実践など専門科目を幅広く学習。国際看護、災害看護、障がい者看護など進路に応じた専門的な学習も可能です。

1年次から実習を開始。病院、訪問看護ステーション、介護保険施設など学外実習の場も多数

医療現場を見学体験する健康生活環境論実習など、1年次から学内外での実習を行い、看護実践の方法や看護学習への動機づけを高めていきます。さらに、病院だけでなく訪問看護ステーションや介護施設など多様な施設において、多彩な実習を実施。看護実践能力を確かなものにしていきます。

病院や施設の看護師・保健師・助産師、居宅看護、国際看護、災害看護など幅広い活躍の場

少子高齢化や医療技術の進展に伴い、看護人材の需要は増大。医療内容の高度化などにより、より高度な看護技術や国際適応力、災害にも即応できる実践能力など、さらなる職種や能力も求められています。本学科はこうしたニーズに対応した教育で、さまざまな地域・職域において活躍できる人材を育てます。

看護師国家試験受験資格、保健師国家試験受験資格、助産師国家試験受験資格の取得が可能

本学科において所定の科目を履修し、単位を修めることで卒業と同時に看護師国家試験受験資格を得ることができます。また、指定科目を履修すれば助産師国家試験受験資格、もしくは保健師国家試験受験資格も取得可能。これらの資格については4年かけて指導を実施。合格をバックアップします。

取得できる資格

・看護師国家試験受験資格
・保健師国家試験受験資格(選択制)
・助産師国家試験受験資格(選択制)

開放感あふれる美しい学舎に、最先端医療の現場をそのまま体感できる実習設備を完備

和室を備えた地域・居宅・高齢者看護実習室、患者の状態を設定し、脈拍や心音などを計測できるシミュレーター人形シムマンを備えた成人・母性小児実習室など、先端医療の現場をそのまま体感できる充実の最新実習施設を完備。また、開放感あふれる美しい学舎には食堂やテラスなどの施設も備えています。

少人数制なのでクラス担任が履修から生活・進路相談まできめ細かくフォロー。学生生活も安心

希望進路に沿った履修計画が立てられるよう、科目内容や資格取得の手引きなどを記載した学生便覧を用意。また、クラス担任が、履修はもちろん生活や進路の相談にも個々に対応するなど、全教員が一体となってフォローにあたっています。

主な就職先※2017年3月卒業生実績

近畿大学医学部附属病院 、 神戸大学医学部附属病院 、 神戸市立医療センター中央市民病院 、 姫路赤十字病院 、 姫路医療センター 、 製鉄記念広畑病院 、 加古川中央市民病院 ほか

2019年度 入試情報

※入試情報は必ず最新の募集要項を入手し、ご確認ください。

区分
選考試験日
AO 1期
2018年8月10日(金)
AO 2期
2018年9月2日(日)
AO 3期
2018年9月23日(日)
公募推薦(A日程)
2018年11月3日(土)
2018年11月4日(日)
※受験日選択・両日受験可
公募推薦(B日程)
2018年12月9日(日)
一般A日程
2019年2月2日(土)
2019年2月3日(日)
※受験日選択・両日受験可
一般B日程
2019年2月24日(日)
一般C日程
2019年3月17日(日)
センター試験利用A日程
個別試験なし
センター試験利用B日程
個別試験なし
大学案内
受付状況
マイナビ進学にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内+願書
AO(1~3期)
選考方法
・小論文(800字程度)
・面接(15分程度)
公募推薦 A・B日程
選考方法
【1】次の3科目から2科目を選択
① 国語・・・国語総合(古文、漢文を除く)
② 英語・・・コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ(リスニングを除く)
③ 数学・・・数学Ⅰ、数学A
【2】調査書
一般 A・B日程
選考方法
【1】次の4科目から2科目を選択
① 国語・・・国語総合(古文、漢文を除く)
② 英語・・・コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ(リスニングを除く)
③ 数学・・・数学Ⅰ、数学A
④ 理科・・・生物基礎、生物
一般 C日程
選考方法
・国語・・・国語総合(古文、漢文を除く)
・英語・・・コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ(リスニングを除く)
センター試験利用
A・B日程
選考方法
<センター試験科目>※科目の詳細は募集要項参
・国語、数学、理科、英語から3教科3科目を選択

過去の入試結果

一般(合計)
姫路大学・看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2018 35 75 72 50 1.4
2017 40 130 126 92 1.4
センター試験利用(合計)
姫路大学・看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2018 若干 12 12 9 1.3
2017 5 66 66 33 2.0
推薦(合計)
姫路大学・看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2018 50 78 71 61 1.2
2017 40 41 41 41 1.0
AO(合計)
姫路大学・看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2018 10 50 50 36 1.4

オープンキャンパス

~ここでしか体験できない魅力が満載~

OPEN CAMPUS 2018
<開催内容>
●学部紹介(看護学部・教育学部)
●入試紹介(AO入試・公募制推薦入試・一般入試等)
●キャンパス見学会(2016年4月に完成した新2号棟の最新の設備等の見学)
●体験授業(最新医療機器のシミュレーション人形SimManを用いた看護体験や教育学部の最新の設備での授業)
●ミニコンサート
●各種個別相談ブース
●AO入試ガイダンス
●ミッション型キャンパスツアー
●ミニ体験(看護体験、ヴァイオリン体験など) 
●学生交流コーナー(血圧測定、ケアベビー、ハンドマッサージ、交流コーナー)
など

※上記内容は変更となる場合があります。

姫路大学で目指せる「看護師」「教員」の仕事・資格について知って、未来の自分をイメージしよう!

お友達や保護者の方の参加も歓迎。気軽にご参加ください!

【開催日程】
・2019年03月23日(土)10:00~15:00

交通アクセス

【所在地】
・姫路大学(兵庫県姫路市大塩町2042-2)

【交通機関・最寄駅】
・JR山陽電鉄「大塩」駅下車、徒歩約8分。またはスクールバスで約1分。

※山陽電鉄「大塩」駅へは「山陽姫路」駅より直通特急で約10分

学校案内・受付状況

登場人物A

出願期間、試験日、試験科目は、早めに学校案内・募集要項を手に入れて必ず自分の目でチェックしてね。

姫路大学
大学案内
受付状況
マイナビ進学にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内+願書

ページの先頭へ