京都看護大学

京都看護大学は、58年の伝統を持つ京都市立看護短期大学を受け継いで誕生した「京都府内唯一の看護系単科大学」。充実した設備のもと優秀な教授陣による指導で、「いつくしみの心と技」を持った看護師を育成します。 10科目にもおよぶ看護師の国家試験。 初めて学ぶ人は、「授業についていけるかな?」と心配するのも当然です。でも、安心してください。京都看護大学なら、理論・演習・実習を交互に配置。優しい科目から難しい科目へ段階的に学んで理科を深めます。看護に特化した単科大学ならではなのきめ細かい指導で全員合格をめざします。

京都市全面サポートによる質の高い教育体制と実習体制
隣接する京都市立病院をはじめとする高度医療を担う専門病院、地域に密着した病院など数多くの実習病院があります。在学中から医療現場で実践的に学べ、質の高い実習を受けることができます。学内の講義、演習による知識や技術の学習を基盤に、実習を通して実際の看護を学びます。幅広い教養と豊かな感性を持って全人的人間理解を深める力と確かな看護実践力を身につけるカリキュラムを実現しています。

最先端医療から地域に密着した病院・施設まで
京都市内を中心に充実した実習病院で学べます。

最先端医療から地域に密着した病院・施設まで京都市内を中心に充実した実習病院で学べます。 他の大学では実習先の施設が遠い場所になることがありますが、京都看護大学の実習施設は京都市内を中心に所要時間平均30分以内の施設で行います。精神的な負担はもちろん、経済的にも余裕を持って実習に取り組むことが可能です。

充実した奨学金・病院奨学金(京都市を含む)
本学では本学独自の奨学金の他に、病院奨学金などの制度が充実しており、学生の希望に沿うよう出身地(地元)を含めた希望地の病院のご相談にも応じます。 京都看護大学特別奨学金・京都市看護師修学資金融資制度・病院貸与奨学金 等。他にも多数の奨学金制度をご用意しております。詳しくは本学HP又はパンフレットをご覧ください。

学生一人ひとりに対応した段階別の科目配置
4年制看護系単科大学だからできる充実した教育内容を実現しました。
・学生の成長段階や学年の課題に合わせ、難易度順に学び進められるよう配慮した段階別の科目配置
・同系統の科目を、基礎科目と専門科目の両方に配置し、違った断面からくり返し学習する重層的配置
・看護師に特化した教育課程を実施し、一般教養も看護につながる4年制看護系単科大学ならではの教育内容
・知識と体験を統合し智に変えることを目的とした、講義と実習を交互に配置したカリキュラム

海外の看護の実際を見学・体験
国際都市京都を活かして、京都在住の外国人と交流し、異文化を理解すると共に国際人としての素養を培います。また「国際看護論実習」(選択制)では、スイスやドイツの病院を訪問し見学・体験します。この体験を通じ欧州の医療の実際に触れ、看護分野で日本や国際社会で活躍できる能力の基礎を養います。

看護の本質に触れる地域密着型体験学習
本学の「看護の智協働開発センター」では、現役看護師、卒業生、一般市民、看護教員・各企業などが集い交流して、研修や研究など智の開発が行われます。学生も自由にその交流に参加できるため、自己のキャリア形成、発達に対して具体的なイメージを持ち、就職に対する関心を促進します。

交通アクセス

京都看護大学の最寄り駅の一つ、JR嵯峨野線「丹波口」駅です。「丹波口」駅から大学まで徒歩13分です。もう一つの最寄り駅である阪急京都線・京福嵐山本線「西院駅」からは徒歩9分です。
実習先の一つである京都市立病院です。京都看護大学の隣にあります。
左の建物が京都看護大学、右が京都市立病院です。
2014年2月に完成したきれいな新校舎で気持ちよく学習できます。
京都看護大学は、京都市の中心ともいえる場所に立地しています。 JR丹波口駅、阪急西院駅やバス停も徒歩圏内にあるため、通学はもちろん、実習病院へのアクセスも便利で、看護を学ぶ皆さんにとって大変便利な場所といえます。 また自転車やバイクで通学を希望する方には、駐輪場を設けています。
歴史ある京都市立看護短期大学の建物を改装及び新たに増築し、緑や採光にも配慮した教育環境で勉学に励んでいただけます。 また、看護師育成に特化した大学なので、様々な領域の看護を学ぶ最新の施設・設備が充実しています。

京都看護大学の特色

  • 58年の歴史を持つ京都市立看護短期大学の教育資源を承継した、京都府内唯一の看護単科大学
    本学は、京都市立看護短期大学の教育資源を承継し、私立の四年制大学としてスタートしました。「京都府内唯一の看護単科大学」として、看護に係る高度な学術的知識だけでなく国際社会に生きる一人の人間として、高い医療倫理や豊かな人間性を修得。幅広い教養と国際的な視野を持つ専門的人材の育成を目指します。
  • 理論・演習・実習を交互に繰り返すことで、着実に看護師に必要な能力を修得する
    本学の教育課程では、理論・演習・実習を交互に配置し、知識と経験知を統合して生き生きとした「智」として学ぶ工夫を行っています。また、学内の「看護の智協働開発センター」で地域密着型体験学習を行い、広い視野と思考を育みます。看護ボランティアなどに参加することで充実したキャンパスライフを送ることができます。
  • ポイントを押さえた4つの科目配置で、初めて看護を学ぶ人をサポート
    1つ目は、やさしい科目から難しい科目へと順に学ぶ「段階的な科目配慮」。2つ目は、成長段階にあわせて同系統の内容を学修する「レベル別配置」。3つ目は、課題に合わせた科目の「重点的配置」。4つ目は、同系統の科目を基礎科目と専門科目の両方から繰り返し学修する「重層的配置」。この4つの科目配置で理解を深めます。
  • 1年次から4年次までの段階的な実習で、実際の現場で役立つ知識とスキルを身につける
    地域特性を基盤とし看護実践能力を重視した「臨地実習」を実施。1年次は、看護の重要な役割である日常生活援助を学修。2年次は、実際に患者を受け持ちます。3年次は、関連職員との連携・協働するための基礎を修得。4年次は、臨地実習で学んだことを統合し、看護学を追究する姿勢までを身につけます。
  • 「看護の智協働開発センター」を学内に設置
    「看護の智協働開発センター」では、現職の看護師、卒業生、市民、教員などが集まって交流し、研修や研究などの「智」の開発が行われます。 学生も自由にその交流に参加することができるため、自己のキャリア形成や卒業後の将来像に対して具体的なイメージを持つことができます。
  • 新築・改築されたきれいなキャンパスで学ぶ。施設・設備も充実。
    実習室、講義室、体育館、図書館など、充実した設備が揃う本学。図書館や教室以外にも学習できる空間が多くあり、演習室、ロビー、サロンなどを用途に応じて使いわけることができます。また、友達とゆっくり話ができるカフェスペースも用意されています。大学の隣には、実習病院にも指定されている京都市立病院があります。
  • 学生の理解度や成長度、学生の課題に配慮した段階別の科目配置で、看護師の智を育む
    分かりやすい科目から段階的に難しい科目へ進み、着実に理解できる「科目配置」で学修。学生の成長段階に合わせて同系統の内容を学修する「レベル別配置」、学生の課題に合わせた科目の「重点的配置」、同系統の科目を基礎科目と専門科目の両方に配置して違った面から繰り返し学ぶ「重層的配置」。これらの学生の学びやすさを優先した科目配置で、看護師としての知識とスキルを身につけます。また、理論と演習・実習を交互に行うことで、理論と実践を統合した確かな智を育みます。
  • 2014年2月に新校舎が完成。新しい校舎で、夢への一歩を踏み出そう
    看護師への道のスタートを新校舎で始めましょう!144名収容できる「大講義室」をはじめ、人数に応じて講義ができる大・中・小の講義室を用意。ほかにも、看護実習に欠かせない「実習室」、体育の授業や部活で使用する「体育館」、看護学の本や資料が豊富に揃う「図書館」など、充実した設備を誇っています。また、交通便利なのも本学の特徴。JR山陰線「丹波口駅」より徒歩13分、阪急京都線「西院駅」より徒歩9分、京福嵐山本線「西院駅」より徒歩9分と、どの駅からでも徒歩10分程度です。
  • 【智】【人】【命】の3つの「いつくしみ」を学ぶカリキュラム
    本学では、「いつくしみの心と技」を教育理念として、心を「愛=いつくしみ」と表現し、【智】【人】【命】の3つの「いつくしみ」を学ぶカリキュラムを構成しています。【智】は、地域の人々との交流や国際交流、研究・開発を通して看護の智を開発します。【人】は、豊かな人間性をはぐくみます。【命】は、看護職者として命をいつくしむための、高い意識と倫理観を身につけます。その「いつくしみの心と技」と「国際都市京都の立地」を活かして国際人としての素養を培えるのも本学の魅力。京都在住の外国人との交流やスイス・ドイツの病院を訪問する「国際看護論実習」で、看護分野で国際社会に貢献できる能力の基礎を養います。
  • 取得できる資格
    ・看護師国家試験受験資格
  • 学生の理解度・成長発達段階・学年の課題に配慮した、段階別の科目配置
    (1).理解がやさしい科目から難しい科目へと、段階的に学び進められるよう配慮した科目配置
    (2).学生の成長段階にあわせて同系統の内容を学修するレベル別配置
    (3).学年の課題に合わせた科目の重点的配置
    (4).同系統の科目を、基礎科目と専門科目の両方に配置し、違った断面から繰り返し学修する重層的配置
  • 知識と体験を統合し智に変えることを目的として、講義と実習を交互に配置
    従来の看護教育においては知識・理論を学修し、演習、実習へと学修をすすめる形態が多くとられていました。 しかし、看護は実践の科学であり、学生の実践経験の中に多くの意味と理論が潜んでいます。 本学では、学生と看護教員、実習指導者が対話を通して、学生の興味喚起を促し、理論と統合した確かな智を生み出すことを支援しています。 自己の在り方と他者へ関わり方のなかに、‘いつくしみ’の重要性を発見し、看護学への動機づけと主体性を育みます。
  • 単科大学の強みを生かした充実したキャンパスライフ
    単科大学では無駄のない時間割を構築できる強みを生かし、全期にわたりすべての講義は原則一日4コマにおさまる時間割にしています。 これにより、学生は時間的な余裕を持つことができ、事前事後の学修、ボランティア活動、課外活動などのキャンパスライフの充実に充てることができます。
  • 「看護の智協働開発センター」を学内に設置することによる地域密着型体験学習
    「看護の智協働開発センター」を学内に設置することにより、市民による「模擬患者」導入、地域リサーチ、市民の教育への参加、市民とともに学ぶ場の常設など、学生が市民と臨床や地域をより身近なもの、親しいものとして体験・吸収し、学ぶことができます。
  • 国際看護論実習の展開
    本学が国際都市京都に位置する強みを生かして、京都在住の外国人と交流し、異文化を理解すると共に国際人としての素養を培います。 また「国際看護論実習」では、教育理念の「いつくしみ」を具現化する全人的看護とケアリング実践について、豊かな伝統と実績をもつスイスの小規模病院と、ドイツの中規模病院を訪問し、見学体験します。 この体験を通じ欧州の医療の実際に触れることで国際感覚を身に付け、看護分野で日本や国際社会で活躍できる能力の基礎を養います。
  • 「地域特性を基盤とした看護実践能力」を重視した臨地実習
    1年次では看護の対象として「人」と直接触れ合う実習を経験します。 実習は4年次までに段階的に行われ、学生は発展的に進行して学ぶことができます。 学内の講義、演習による技術や援助論による経験を基盤に実習を通して、看護の実際を身に付けます。
  • 万全の就職活動サポート
    本学では「就職率100%」を目指し、学生部に学生支援課就職担当を置き、「看護の智協働開発センター」と連携し、「就職支援プログラム」「個別の就職支援」「求人・就職情報の提供」という3つの柱を基本に、学生一人ひとりの就職活動をそれぞれの適性に応じて強力にサポートします。
  • 就職支援プログラム
    「就職プログラム」としては、「社会人基礎力養成講座」に加えて、就職活動の実践力を身につける「就職ガイダンス」を2年次より開催します。 具体的には求人情報の探し方、エントリーシート・履歴書の書き方、筆記試験対策、面接対策、先輩による就職体験談の講座を開講して、実際の就職活動のノウハウを習得します。
  • 個別の就職支援
    学生支援課就職担当の職員が豊富な経験や最新のデータをもとに、キャリア・進路委員会委員の教員とともに、学生それぞれの希望と適性に応じたきめ細かな就職支援を行います。 個別面談や模擬面談を行い、学生一人ひとりが納得いくまでマンツーマンの指導にあたるなど、学生のニーズに対応した就職を支援します。
  • 求人・就職情報の提供
    学生にタイムリーな求人・就職情報を提供するため、求人情報を本学ホームページで掲載し、学校・自宅のパソコンから閲覧・検索できます。また、学内掲示板でも情報を提供します。 就職資料室には本学に求人があった保健医療福祉施設案内・求人情報等をファイルし、いつでも閲覧できます。
  • 実習病院
    京都市立病院、京都大学医学部附属病院、京都府立医科大学附属病院、京都第一赤十字病院、京都第二赤十字病院、京都医療センター、京都大原記念病院、京都桂病院、京都武田病院 がくさい病院、シミズ病院、洛和会丸太町病院、西山病院、宇治病院、京都大原記念病院訪問看護ステーション、がくさい病院訪問看護ステーション、訪問看護ステーション聖護院、西七条保育園、 川勝寺保育園、京都市桂川特別養護老人ホーム、宇治病院平成老人保健施設、介護老人保健施設「がくさい」 、健光園あらしやま
  • 京都の中心に立地しているので、通学・実習病院へのアクセスが便利!
    京都看護大学は、京都市の中心ともいえる場所に立地しています。 JR丹波口駅、阪急西院駅やバス停も徒歩圏内にあるため、通学はもちろん、実習病院へのアクセスも便利で、看護を学ぶ皆さんにとって大変便利な場所といえます。 また自転車やバイクで通学を希望する方には、駐輪場を設けています。

2017年度 入試情報

※入試情報は必ず最新の募集要項を入手し、ご確認ください。

定員
区分
出願期間
選考試験日
合格発表日
20名
推薦(専願)
A日程
2016年10月21日(金)~
11月7日(月)
11月12日(土)
11月16日(水)
25名
推薦(専願・併願)
B日程
2016年10月21日(金)~
11月7日(月)
11月13日(日)
11月16日(水)
若干名
社会人(専願)
2016年10月21日(金)~
11月7日(月)
11月12日(土)
11月16日(水)
38名
一般(前期)
2017年 1月6日(金)~
1月23日(月)
1月28日(土)
2月1日(水)
5名
一般(後期)
2017年2月10日(金) ~
2月27日(月)
3月4日(土)
3月8日(水)
5名
センター試験利用
2017年 1月4日(水) ~
1月30日(月)
独自試験なし
2月15日(水)
学校案内・願書
受付状況
マイナビ進学にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内+願書
推薦(専願)
A日程
選考方法・試験科目
・小論文、グループ面接、書類審査
推薦(専願・併願)
B日程
選考方法・試験科目
・基礎学力試験(国語必須。 英語、数学のうち一教科選択。出題範囲は一般入試に準ずる)、書類審査
社会人
選考方法・試験科目
・小論文、個人面接、書類審査
一般(前期・後期)
選考方法・試験科目
【必須】国語(国語総合〈古文・漢文を除く〉、現代文B)
【選択】英語(コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ)、数学(数学Ⅰ、数学A)のうち1教科選択、書類審査
センター試験利用
(前期日程のみ)
選考方法・試験科目
【必須】国語〈漢文を除く〉
【選択】外国語(英語)〈リスニングを除く〉、数学(数学Ⅰ・数学A)、理科(化学、生物、化学基礎・生物基礎のうち1科目)のうち2教科選択、書類審査

過去の入試結果

推薦(合計)
京都看護大学
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
45
102
62
31
2.0
一般(前期)
京都看護大学
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
38
216
210
114
1.8
一般(後期)
京都看護大学
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
5
41
40
5
8.0
センター試験利用
京都看護大学
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
5
44
44
5
8.8

交通アクセス

【所在地】
・京都看護大学(京都府京都市中京区壬生東高田町1-21)

【交通機関・最寄駅】
・JR山陰本線「丹波口」駅より徒歩13分
・阪急京都線「西院(阪急線)」駅より徒歩9分
・京福嵐山本線「西院(京福線)」駅より徒歩9分
・JR線「京都」駅より市バス・京都バス 約15分
・地下鉄烏丸線「五条(京都市営)」駅より市バス・京都バス 約10分

京都看護大学
学校案内・願書
受付状況
マイナビ進学にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内+願書

ページの先頭へ