松本短期大学・看護学科

福祉の要素を組み込み、多様なニーズに対応できる人材を育成
看護学科は2006年4月に開設され、3学年の教育課程を修了した後「看護師国家試験の受験資格を付与する」ことになっています。「ひとと交わり、ひとを育て、ひとに誠意を尽くすことのできる人間性がなによりも肝要である」と考え、社会に貢献できること、さらに社会の変化に応じて職業的能力を変化展開できることを教育の趣旨としています。 教育科目は7分野を中心として各々教員を配置し、専門的分野としての知識を展開させた後、教授・准教授・講師・助教・助手の教員全員がそのまま「臨地実習」にも携わることで、知識→実践までの教育課程を一貫した流れで学ぶことができます。

看護学科の概要
看護学科は福祉のニーズを組み込み、多様な看護ニーズに対応できる専門職業人としての看護師の育成をめざします。また、役割機能が拡大・多様化している看護における実践者育成をめざして、実践科学である看護学を理論的・科学的に教授し、学生の人間的な成長・成熟をたすけ、地域における看護の質の向上に寄与できる人材の育成をめざします。

チューター制による学生生活支援システム
チューターとは、学生のために勉強から日常生活までのサポートをする教員をいいます。 チューター制学修システムとは、短期大学での講義などの科目履修や生活に適応できるよう、学業上の相談や助言を行い、学生の主体的な学修成果が得られるように支援するシステムです。

看護学科 卒業後の進路
看護師国家試験に合格すると看護師の国家資格がえられます。そして、病院などで看護師として働くことができます。現在は看護師がまだ不足しており、県内外の病院から看護師の募集が沢山あり、就職においてかなり前途がひらけております。 看護師として就職する以外に進学の道があります。一つは保健師、助産師、養護教諭の資格をとるための各々1年間のコースへの進学があります。ここでは卒業すると保健師または助産師の国家受験資格および養護教諭免許が取得できます。また本学は短期大学のため、大学卒業資格を得るために4年制大学の3年に編入ができます。編入学して学んだ大学で保健師、また助産師のコースがある場合は各々の国家資格の受験資格が得られます。 看護の世界はまだまだ引く手あまたであり、卒業後にも希望に応じていろいろな可能性が開けています。

主な就職先
<松本市内の病院> 信州大学医学部附属病院、まつもと医療センター、相澤病院、松本市立病院、松本協立病院、松岡病院、藤森病院、城西病院 <長野県内の病院(松本市以外)> 長野県立こども病院、北アルプス医療センター、安曇野赤十字病院、岡谷市民病院、市立大町病院、北信総合病院、松代総合病院、鹿教湯病院、丸子中央病院、新生病院、桔梗ヶ原病院、伊那中央病院、昭和伊南総合病院、健和会病院ほか<県外の病院> 東京女子医科大学病院、東海大学付属八王子病院、東邦大学医療センター、大田病院、新松戸中央総合病院、板橋中央総合病院、横浜旭中央総合病院、名古屋徳洲会総合病院<進学>:飯田女子短期大学 専攻科助産学専攻


(写真)JR「村井」駅
※村井駅から学校までスクールバスで10分

2017年度 入試情報

※入試情報は必ず最新の募集要項を入手し、ご確認ください。

定員
区分
出願期間(消印有効)
選考試験日
合格発表日
25名
推薦
11/7~11/21
12/1
12/9
15名
一般1期
1/10~1/18
2/1
2/4
5名
一般2期
2/6~2/20
3/1
3/4
推薦
選考方法
・小論文・面接
一般(1期・2期)
選考方法
【必須】国語総合(古文・漢文を除く)、数学Ⅰ
【選択】英語、生物(生物基礎含む)から1科目選択
【必須】面接

過去の入試結果

一般(合計)
松本短期大学・看護学科
年度
志願者
合格者
2016
46
24
2015
61
33
2014
92
32
2013
121
37
2012
131
28
推薦(合計)
松本短期大学・看護学科
年度
志願者
合格者
2016
44
35
2015
47
39
2014
40
23
2013
38
21
2012
56
27

交通アクセス

【所在地】
・飯田女子短期大学(長野県飯田市松尾代田610)

【交通機関・最寄駅】
・JR「村井」駅からスクールバス約10分

※当サイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、 当サイトのご利用によって生じたいかなる不利益に関しても、 一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

このページの先頭へ