奈良市立看護専門学校

看護実践力を持った質の高い看護師を育成
本校は、奈良市立の看護専門学校であり、奈良市が求める地域医療に貢献する看護実践力を持った質の高い看護師を育成することを責務としている。本校では、看護は社会生活を営む人間の生命、健康、生活に深く関与することから、人々の健康上の問題解決に向けて、生命と人権の尊重ができる感性豊かな人間性と創造力を持った人材を育てることを基盤とした教育を実践する。 また、看護専門職として安全、安楽な看護を提供できる確かな知識、技術を身につけるとともに、個々人がその人らしい生活ができるような基礎的能力を養い、専門職業人として生涯学習し続けるための原動力として自ら学ぶ力を確立できるよう支援する。

主な実習病院は学校から徒歩5分の「市立奈良病院」
カリキュラムの中には、病院などでの実習を含んでおり、より実践的な看護を学ぶことが出来ます。 主な実習先としては、市立奈良病院があります。平成26年7月にグランドオープンした「市立奈良病院」は、以下の写真の通り、とてもきれいで設備も充実しています。大部分の実習を学校から近い「市立奈良病院」で行うことができるので、学生の負担も軽減されるでしょう。


(写真)主な実習場所の「市立奈良病院」
出典:commons.wikimedia.org

校舎がきれい・設備が充実
奈良市立看護専門学校は平成25年4月1日開校したので、校舎がとてもきれいで、設備がとても充実しています。

多くの卒業生が医療施設へ就職
看護師国家試験受験資格が得られるので、卒業生の多くは、3年次2月に国家試験に合格し、看護師として医療施設に就職しています。 また、専門士(医療専門課程)の称号授与されるとともに、保健師学校、助産師学校受験資格、大学編入受験資格が得られるので、進学の道もあります。

JR京終駅より徒歩5分の立地に、最適な学習環境
通常の教室のほか、基礎実習室、在宅実習室などの、校内実習に使用する設備が整っています。 また、図書室、情報処理室など、学習をサポートする設備も完備しています。

新入生歓迎会や、戴帽式などのイベントがあります
入学式、 新入生歓迎会を経て看護学生としての生活が始まります。 1年次11月の「戴帽式」では、看護師になるという決意を新たにし、その後に始まる実習に備えます。

国家試験合格率100%
2016年に実施された第105回看護師国家試験に1期生40名が全員合格。

2017年度 入試情報

※入試情報は必ず最新の募集要項を入手し、ご確認ください。

定員
区分
出願期間(必着)
試験日
合格発表日
20名
程度
推薦
2016年10月24日(月)~
10月28日(金)
11月6日(日)
11月10日(木)
20名
程度
一般
2017年1月5日(水)~
1月12日(水)
1月22日(日)
1月27日(金)
推薦
選考方法
・小論文
・面接
一般
選考方法
・国語総合(現代文のみ)
・数学Ⅰ、数学A(「 場合の数と確率 」 のみ)
・英語Ⅰ・Ⅱ
・面接

過去の入試結果

一般
奈良市立看護専門学校
年度
志願者
受験者
合格者
競争率
2015
115
100
35
2.9
2014
103
94
35
2.7
推薦
奈良市立看護専門学校
年度
志願者
受験者
合格者
競争率
2015
18
17
15
1.1
2014
27
25
15
1.7


交通アクセス

【所在地】
・奈良市立看護専門学校(奈良県奈良市紀寺町371-2)

【交通機関・最寄駅】
・JR「京終」駅より徒歩約5分


※当サイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、 当サイトのご利用によって生じたいかなる不利益に関しても、 一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

このページの先頭へ