看護学校で夜間の学校ありますか?という質問がけっこう多いのですが…。

認定看護師とは「特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有することを認められた」看護師として規定されています。専門看護師の分野よりも、さらに限定された分野になります。 救急看護、皮膚・排泄ケア、集中ケア、緩和ケア、がん化学療法看護、がん性疼痛看護、訪問看護、感染管理、糖尿病看護、不妊症看護、 新生児集中ケア、透析看護、手術看護 、乳がん看護、摂食・嚥下障害看護、小児救急看護、認知症看護

認定看護師認定試験受験資格は?

保健師、助産師、看護師のいずれかの取得後、5年以上の実務経験があること。そのうち、3年以上は特定分野の経験があること。認定看護師教育課程(6ヶ月、600時間以上)を修了し、認定審査(書類審査・筆記試験)に合格すれば認定看護師になれます。専門看護師と同様に、1回合格すれば、認定看護師であり続けることはできません。更新時に、過去5年間に細則に定める看護実践や自己研鑚の実績があることが条件です。 医療の世界は日々進歩し、高度化していますので、古い知識だけではとても認定看護師を名乗る資格がないということで更新制なのでしょう。

このページの先頭へ