日本赤十字北海道看護大学

思いやりの心を基盤に「手」と「目」で看る「手渡しの看護」を実践する看護専門職者を育成する

日本赤十字北海道看護大学が目指す「手渡しの看護」とは、患者さまに真摯に向き合い、愛と豊かな人間性で思いやる看護のこと。本学は、日本赤十字社の大学として「humanity(人道)」を基本理念に掲げ、「手渡しの看護」を体現する看護専門職者を育成しています。

カリキュラムには、赤十字看護の長い歴史の中で培われた看護教育のノウハウが息づいており、国内外の保健・医療・福祉・救護のいかなる現場でも活躍できるスケールの大きい看護専門職者を育てる土壌があります。

また、全国に広がる92の赤十字病院、日本赤十字社を母体とする5つの看護大学と有機的に連携。日本最大級の看護教育組織としての強みを最大限に生かし、充実した学習環境と優秀な教授陣を整えています。

救いたい人間の命と健康、尊厳を守る「赤十字」の一員として、大きな愛を胸に国内外で活躍できる看護専門職者を目指してみませんか?

看護学部

「人間」「環境」「健康」「看護」という5つの赤十字の基本概念をもとに、基礎科目、専門基礎科目、専門科目に分類して体系的に学習。看護の知識・技術と看護実践者に必要な人間力をトータルに高めていきます。同時に、医療・福祉・保健の現状を正しく捉え、理論と実践を融合して全人的なケアを行うことができる指導力・コーディネーター能力を養成します。

取得可能な資格

・看護師国家試験受験資格

・保健師国家試験受験資格(選択制)

就職支援

本学の卒業生たちは、全国の赤十字病院をはじめ、その他多くの医療機関において多彩な医療分野で活躍。就職率は毎年100%を実現しています。

また、看護師国家試験ならびに保健師国家試験におて、全国平均を上回る高い合格率を誇っています。

・2017年度看護師国家試験合格率 99.0%(合格者数98名/受験者数99名)※全国平均:96.3%

・2017年度保健師国家試験合格率 100%(合格者数15名/受験者数15名)※全国平均:85.6%

赤十字病院で実施する「看護学実習」

北見赤十字病院を含む道内5箇所の赤十字病院で、臨地実習を行っています。どの実習施設も地域医療の充実・強化に取り組むほか、保健・福祉の総合医療を提供する地域に根ざした赤十字病院です。頼もしい先輩たちによる丁寧な指導のもと、赤十字の看護について学び、実践します。

チーム医療の真髄を学ぶ「看護総合実習」

4年間の集大成として行う「看護総合実習」は、それまでに習得した知識・技術、臨地実習での体験をもとに、チーム医療における看護師の役割と実際を理解することを目的としています。学内で事前学習を行った後、道内にある赤十字病院においてチームの一員として実習に参加。看護師長や業務リーダーのシャドーリング、カンファレンスへの参加などを通して、実践的に学んでいきます。また、旭川赤十字病院での実習では、都市と都市の距離が離れている北海道の医療に欠かすことができないドクターヘリによる緊急搬送について学びます。


(写真)旭川赤十字病院

特待生制度・奨学金制度

特待生制度

本学では、一般入学試験の合格者の中から成績が優秀な学生2名に対し、特待生として初年度の年間授業料半額(60万円)を免除します。また、入学後の成績が優秀な2年次以降の学生に対し、学年ごとに年間授業料の一部を免除します。

奨学金制度

卒業後、該当する赤十字病院において勤務することで返還が免除される日本赤十字社独自の奨学金を中心に、多彩な奨学金をご用意しています。本学の奨学金利用者は非常に多く、在学生の85%(431名中366名)が利用しています。

日本赤十字社の奨学金

・日本赤十字社北海道支部管内奨学金
・北海道外の赤十字施設奨学資金

そのほかの奨学金

・日本学生支援機構奨学金
・北見市大学生奨学資金
・北海道看護職員養成修学資金
・北海道看護協会奨学金
・北海道厚生連奨学金 など

多様な実践の機会を提供する「看護開発センター」

看護開発センターは、看護職者や卒業生に対する継続的な教育や、看護職者に対する教育・研究支援、JICAなど海外からの看護職者・研究者の受け入れを行う教育・研究センターです。地域の方の健康保持・増進、病気予防に向けて、講演会などを開催するほか、災害支援を含むさまざまな研究や実践を行っています。学生たちは、看護開発センターが開催する地域イベントなどへの参加を通して、地域医療の担い手としての実践力を身につけます。また、本センターでは在学生に向けた海外研修プログラムも企画しており、米国赤十字社LA支部の見学など貴重な体験・機会を提供しています。

子どもたちと共に自らも成長をする「楽習会」

2011年3月11日に発災した東日本大震災を受け、本学は平成23年8月から、現地で活動するNGO・NPOと協働して、長期休みの宿題サポートと遊びのプログラムを行う「楽習会」の活動を行っています。陸前高田市の小友地区ならびに広田地区の子どもたちに、遊びと学びの場を提供するもので、平成29年3月までに計17回の活動を実施。ボランティアとして、これまで60名の学生たちが参加をしています。こうした活動を通して、赤十字スピリットを養っていきます。

主な就職先 2015年~2017年3月卒業生実績

市立札幌病院、 札幌医科大学附属病院 、北海道大学病院、 独立行政法人国立病院機構 北海道医療センター、 独立行政法人国立病院機構 北海道がんセンター 、JA北海道厚生連 札幌厚生病院 、KKR札幌医療センター、 一般社団法人日本海員掖済会 小樽掖済会病院、 函館赤十字病院 、函館五稜郭病院、 八雲町立総合病院、 栗山赤十字病院、 美唄市保健センター、 旭川赤十字病院、 旭川医科大学病院 、市立旭川病院、 名寄市立総合病院、 南富良野町 、JA北海道厚生連 旭川厚生病院 、利尻町、 北見赤十字病院、 小清水赤十字病院、 置戸赤十字病院 、JA北海道厚生連 遠軽厚生病院、 JA北海道厚生連 網走厚生病院、 JA北海道厚生連 常呂厚生病院、 北星脳神経・心血管内科病院、 北見市 、網走市 、紋別市 v、津別町、 斜里町 、伊達赤十字病院 、苫小牧市立病院、 安平町 浦、河赤十字病院 、清水赤十字病院、 JA北海道厚生連 帯広厚生病院 、社会医療法人北斗 北斗病院 、大樹町、 釧路赤十字病院、 市立釧路総合病院、 町立別海病院 、秋田大学医学部付属病院、 福島赤十字病院 、日本赤十字社医療センター、 武蔵野赤十字病院 、医療法人社団翠会 成増厚生病院 、東京医科歯科大学病院 、茨城県立こども病院 …など

卒業式
大学祭

2019年度 入試情報

※入試情報は必ず最新の募集要項を入手し、ご確認ください。

区分
選考試験日
公募推薦
2018年11月18日(日)
指定校推薦
2018年11月18日(日)
社会人学士 2018年11月18日(日)
一般(前期)
2019年2月2日(土)
センター試験利用(前期)
個別試験はなし
センター試験利用(後期)
個別試験はなし
大学案内
受付状況
マイナビ進学にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内+願書
推薦(公募・指定校)
選考方法
・小論文、面接
一般
選考方法
【必須】「コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ、英語表現Ⅰ」
【選択】「数学Ⅰ・数学A」、「化学基礎」、「生物基礎」の2教科3科目 から1科目選択
【必須】小論文
センター試験利用
(前期・後期)
選考方法
平成31年度大学入試センター試験の成績を利用。
【必須】外国語:「英語(リスニングを含む)」
【必須】国語:「国語(近代以降の文章)」
【選択】数学・理科:「数学Ⅰ・数学A」、「化学基礎・生物基礎」、「化学」、「生物」の2教科4科目から1科目選択

過去の入試結果

推薦(合計)
日本赤十字北海道看護大学
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2018 45 72 72 53 1.4
2017 45 72 72 52 1.4
2016
45
77
77
53
1.5
2015
45
59
59
48
1.2
2014
45
84
84
51
1.6
2013
45
85
85
54
1.6
一般入試(前期)
日本赤十字北海道看護大学
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2018 40 135 131 100 1.3
2017 35 116 112 87 1.3
2016
35
141
140
78
1.8
2015
35
181
180
94
1.9
2014
40
165
161
93
1.7
2013
40
205
199
75
2.7
2012
45
185
177
75
2.4
2011
45
221
216
79
2.7
一般(後期)
日本赤十字北海道看護大学
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2017 15 22 21 15 1.4
2016
15
31
26
15
1.7
2015
15
31
29
16
1.8
2014
5
28
26
7
3.7
2013
5
39
38
6
6.3
センター試験利用
日本赤十字北海道看護大学
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2018 15 68 68 16 4.3
2017 5 41 41 5 8.2
2016
5
46
46
9
5.1
2015
5
75
75
14
5.4
2014
10
123
123
30
4.1
2013
10
151
151
44
3.4
2012
10
88
88
43
2.0
2011
10
104
104
36
2.9

オープンキャンパス

日本赤十字北海道看護大学のことを知るなら、まずこのイベント!

「どんな授業や演習を行っているの?」「入試のことについて相談したい!」「施設・設備が見てみたい」

そんな皆さんの声にお応えするオープンキャンパスです。

本学の特長や奨学金についての説明会をはじめ、先輩から直接話が聞ける「在学生対談」や「キャンパス見学ツアー」、「学食体験(無料)」など、充実のプログラム。

模擬授業や様々な看護演習体験をご用意していますので、講義・演習を体験してみたいという方は、ぜひご参加ください。

また、入試や学生生活のことなど、気になることやご質問がある方は、何でもご相談ください。「進学相談会」で教職員が丁寧にお答えします。

皆さんのご来校をお待ちしています。

<実施プログラム>
○開会式・全体説明会
○奨学金説明会
○模擬授業
○看護演習体験
 (救命救急法、血糖測定、腕モデルによる採血体験、妊産婦疑似体験、高齢者疑似体験、介助器具体験、体表温度測定 ほか)
○進学相談会
○在学生対談
○サークル・部活動紹介
○学食体験(無料)
○キャンパス見学ツアー

【開催日程】
・2018年09月23日(日)10:00~16:00

交通アクセス

【所在地】
・日本赤十字北海道看護大学(北海道北見市曙町664-1)

【交通機関・最寄駅】
・JR「柏陽」駅から徒歩10分
・「北見」駅から車で約10分


(写真)JR「柏陽」駅
※柏陽駅から学校まで徒歩10分

学校案内・受付状況

登場人物A

出願期間、試験日、試験科目は、早めに学校案内・募集要項を手に入れて必ず自分の目でチェックしてね。

日本赤十字北海道看護大学
大学案内
受付状況
マイナビ進学にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内+願書

ページの先頭へ