埼玉医科大学
保健医療学部・看護学科

生命への深い愛情と理解と奉仕に生きる、自らが考え、求め、努め、以て自らの生長を主体的に展開し得る、優れた臨床医や保健医療技術者を目指します。

医学部並みの医学・医療を学ぶ「保健医療学部」
現代の医療に求められるキーワードは、「患者さま中心」「チーム医療」「公開性・透明性を維持した仕組み」です。こうした新しい医療の精神や医療の仕組みがわかる医師・医療従事者・医療技術者を育成するには、伝統的な教育体制やカリキュラムだけでは困難です。本学医学部では、「講座制」の壁を取り払った『臓器別統合講義』や、「考える学習態度」を養う『PBL(問題基盤型学習)』を取り入れた6年一貫教育を行い、新しい医療に求められるコミュニケーション能力を育てています。また、保健医療学部では、医学部並みの医学・医療が必修。その上で実技を重視したカリキュラムを組み、高い専門性を持つ医療技術者(医療人)を養成しています。

最先端医療を行っている関連の3病院で充実した実習
医療技術者は、知識だけでは仕事になりません。本当に活躍できる医療人になるには、充実した実習が不可欠です。ですから、どんな実習を行うか、どんな実習先を確保しているかは、受験生が大学を選ぶときの最も重要な基準の一つといえます。本学は、特定機能病院として最先端の医療を施している設備と人員を揃えた大学病院が3つもあります。例えば、「総合医療センター」内の総合周産期母子医療センターは、産科医療の最後の砦として関東全域から患者さまを受け入れています。以前、ここで身を粉にして働く先輩の活躍がテレビで紹介されましたが、実習はまさに最先端医療が行われる施設で実施されており、現場で奮闘する先輩が指導してくれます。

グループ施設で学び、グループ施設へ就職する。総合医療大学ならではの環境
保健医療学部の実習は、日高キャンパスにある国際医療センターや埼玉医科大学病院(精神科を含む)、老人保健施設・毛呂病院「薫風園」、訪問看護ステーション、川越にある総合医療センターなど、関連施設で行われます。大学病院をはじめ専門性の高い環境が整っており、最新の医療・看護が学べることが大きな特長です。また、これら関連施設は有力な就職先となっており、多くの卒業生が本学関連施設で活躍しています。

看護学科の概要

取得できる資格
・看護師国家試験受験資格
・保健師国家試験受験資格(選択制)

人間理解を基盤とした看護専門職としての資質を育てる
「生活している人間の理解」「看護の対象としての人間理解」「看護専門職者に必要な基本的知識、技術、態度の修得」の3つの柱に基づいたカリキュラムを構成。これらは学生の習熟度に合わせて次第に高度な内容へと積み上げられるが、1年次から実習があるなど、早い段階から実践的な教育が始まる。

学生が主体的に問題を発見し、自ら探求して解決できるようサポート
演習やグループワークなど、少人数による双方向的なディスカッション型の授業を中心に行う。この方法をとることにより、学生が主体的に問題を発見し、自ら探求して解決できるよう指導している。

「知る」「わかる」が「できる」になるための実習を実施
2007年4月に開設した国際医療センターを含めて3つの本学関連病院(約2,700床)で、専門性の高い優れた指導者による、病院と密接に連携した実習が可能。そのほか、訪問看護ステーション、県内の保健所、市町村保健センターなど、実習の目的にそった様々な分野で、知識・理論に基づいた実践能力の修得を図る。

緑豊かなキャンパスに、最新の医療機器や教材を整備した優れた学習環境
緑豊かな広大なキャンパスに開設10年目の専門の校舎、最新の医療機器や教材を整備した優れた環境で学ぶことができる。また、学内LANを用いて電子シラバスをいつでも利用できる体制を整え、学習環境の充実を図っている。さらに日高キャンパスには2007年4月、実習先となる病院「埼玉医科大学国際医療センター」を開設。

臨地実習
臨地実習は日高キャンパスにある国際医療センターや埼玉医科大学病院(精神科を含む)、川越にある総合医療センター、老人保健施設毛呂病院「薫風園」、訪問看護ステーションなどの関連施設で行っています。大学病院であるため専門性も高く、最新の医療・看護が学べることが大きな特徴です。小児看護学・母性看護学・在宅看護学・公衆衛生看護学実習は、関連施設以外でも実習を行います。

様々な医療専門分野の学生たちと、21世紀の新しい医療の実践を目指して学びあう大学
保健医療学部には看護学科の他に、臨床検査学科、医用生体工学科、理学療法学科があり、また医学部とも連携して、より広く総合的な専門的教育を受けることができる。また、チーム医療の重要性と、チーム医療に必要な「他職種に対する理解」を学生時代から深めることが可能である。

充実の部活動・サークル活動
フットボール部・バレーボール部・準硬式野球部・バスケットボール部・軽音楽部・弓道部・剣道部・陸上競技部・スポーツ医学研究会・硬式テニス部・茶道部・弦楽部・ダンス部・バドミントン部・卓球部SMU-Racing Team・ユニバーサル・スクーバダイビング同好会・バドミントンサークル・アウトドアサークル・ソフトテニスサークル・映画サークル・SWEET&COOKINGサークルなど


(写真)埼玉医科大学国際医療センター
※埼玉医科大学(日高キャンパス)に隣接
出典:commons.wikimedia.org

2017年度 入試情報

※入試情報は必ず最新の募集要項を入手し、ご確認ください。

定員
区分
出願期間 (郵送必着)
選考試験日
合格発表日
40名
推薦(専願)
10/24~10/29
11/6
11/8
35名
一般(前期)
1/4~1/24
第一次 2/1
第二次 2/3
第一次 2/1
合格発表 2/6
5名
一般(後期)
2/8~2/20
2/28
3/2
大学案内(資料)
願書の受付状況
スタディサプリ進路(旧 リクナビ進学)にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 大学案内・過去問題集(2018年度版)
推薦入試
選考方法
・小論文、面接
一般(前期)
選考方法・試験科目
<1次試験>
【選択】物理基礎、化学基礎、生物基礎から1科目選択
【必須】国語総合(古文・漢文は除く)
【必須】コミュニケーション英語(Ⅰ・Ⅱ)

<2次試験>
・面接
一般(後期)
選考方法・試験科目
【選択】化学基礎、生物基礎から1科目選択
【必須】コミュニケーション英語(Ⅰ・Ⅱ)
・面接


※系列校の入試情報→埼玉医科大学短期大学埼玉医科大学附属総合医療センター看護専門学校

過去の入試結果

推薦(指定校推薦を含む)
埼玉医科大学保健医療学部看護学科
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
40
67
67
45
1.5
2015
40
65
65
41
1.6
2014
40
54
54
41
1.3
2013
40
61
61
41
1.5
2012
40
90
90
45
2.0
2011
40
43
43
40
1.1
一般(前期)
埼玉医科大学保健医療学部看護学科
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
35
257
254
86
3.0
2015
35
248
244
74
3.3
2014
35
271
264
65
4.1
2013
35
257
253
67
3.8
2012
35
251
242
59
4.1
2011
35
227
222
69
3.2
一般(後期)
埼玉医科大学保健医療学部看護学科
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
5
69
64
9
7.1
2015
5
65
52
24
2.2
2014
5
67
59
20
3.0
2013
5
73
61
16
3.8
2012
5
59
53
14
3.8
2011
5
78
70
17
4.1

交通アクセス

【所在地】
・日高キャンパス(埼玉県日高市山根1397-1)

【交通機関・最寄駅】
・JR川越線高麗川駅よりバスで約10分
・東武越生線東毛呂駅よりバスで約15分



埼玉医科大学
学校案内
受付状況
スタディサプリ進路(旧 リクナビ進学)にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 大学案内・過去問題集(2018年度版)


※当サイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、 当サイトのご利用によって生じたいかなる不利益に関しても、 一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

このページの先頭へ