四條畷学園大学・看護学部

看護学部の新校舎はJR四条畷駅から徒歩1分。付属幼稚園や高校で実習も行います。看護学部の新校舎には、学生同士の交流を図る開放的なラウンジ、ミーティングルーム(図書館内)などを設置。そして毎日通うキャンパスだから、「通いやすさ」は、大学生活を送る上で重要なポイントです。オープンキャンパスで、ぜひ駅前1分の快適さを実感してください。

少人数クラスで一人ひとりに合った指導を実施。専任教員のもと知識・技術を習得する
理学療法学専攻では、心と心がふれあう授業を展開。実習に重点を置くことで理学療法の実践能力やコミュニケーション能力を育み、プロへの意欲をさらに高めます。作業療法学専攻は、身近な暮らしをヒントに学ぶ授業が特長。人の痛みがわかる、心豊かな作業療法士を育成します。看護学部は取得する資格を看護師1本に絞り、カリキュラムの充実を図りました。のびのびと学び、患者とその家族の心に寄り添える看護師の育成をめざします。本学では専門資格を有する教員も多く、少人数によるクラス編成によるグループ学習できめ細やかな実技指導を行い、知識や技術の習得に力を入れています。

実践的な看護教育を支える、最新設備を備えた新校舎が誕生
学研都市線の四条畷駅から徒歩1分の好立地に、看護学部新校舎が完成しました(2015年3月)。実践的な看護教育を支える新校舎の3~5階には、看護の専門領域に対応する設備を備えた各種実習室をはじめ、学生同士の交流の場となる開放的なラウンジ、ミーティングルーム(図書館内)、パウダールームなどを設置。最新の施設・設備で、地域と連携した教育とチーム学習を行い、学生一人ひとりの看護技術・知識を磨きます。また、敷地内には、大学のほか四條畷学園の短期大学・高校・中学校・小学校・幼稚園があり、園児から大学生までがともに学ぶアットホームな雰囲気です。

担任教員と就職担当の教員が学生をサポート!就職率100%(就職者38名)を達成
本学では看護学科、理学療法学専攻、作業療法学専攻に、経験豊富なプロが専任教員として就任。お互いのキャリアを存分に活かすべく、連携を図りながら指導にあたっています。とりわけ、就職についても現職の医療機関の方々を招く説明会を開催するほか、教員が個別にサポートした結果、リハビリテーション学部で100%の就職率(就職者38名、2014年3月卒業生実績)を達成しています。また、教職員が地域の方々を対象に生活習慣病や転倒予防などの市民公開講座も企画。教授陣による新しい挑戦が次々に行われています。

患者・家族に寄り添うことができる看護師の育成
JR学研都市線の四条畷駅より徒歩1分の好立地に新学舎が完成(2015年3月)する看護学部では、基礎的・専門的な医療知識・技術を確実に修得すると同時に、社会や人間関係についても理解を深め、多様な価値観を理解し尊重することで、患者さんや家族に寄り添うことのできる看護の心を養成。地域・在宅医療で活躍できる人間性の豊かな看護師をめざします。(保健師や助産師資格をめざす方にはキャリア支援を行います。)

深い理解につながる学習サイクル
目指す資格を看護師一本に絞ることでカリキュラムの充実を図りました。学外での実習を重視し、1年次から4年次までバランスよく配置。また演習の時間を増やし、実習に向けて入念に準備を行います。〈講義・演習→実習→講義・演習→実習・・・〉を繰り返す学習サイクルを形成。知識を身につけ、臨床現場で体験し、体験を振り返るという過程をたどることで深い理解につなげます。

現場に即した演習・実習
演習では、1つの模擬家族を事例として、家族の成長の過程における様々な看護の場面を想定し、看護の各専門領域から看護のあり方について考えます。実習は通学圏内にある病院・施設を中心に参加。自分の生活する地域の医療・看護事情を知ることができます。また、複数の病院・施設で実習を行うことは、理想の看護師像を描き、看護師のキャリアを考える上で貴重な体験となります。

リハビリテーション学部と連携した講義
患者さんとその家族を中心に置いた満足度の高い医療を提供するためには、多職種による連携と協働が必須となっています。「チーム医療論」では、リハビリテーション学部と連携して一つの症例を取り上げ、より良いケアについてそれぞれの立場から考える問題解決型の授業を展開します。他職種の業務内容についても理解を深め、チーム医療の一員としての役割と責任について学びます。

担任アドバイザー制
学生一人ひとりを大切に見守るために、「担任アドバイザー制」を導入しています。1学年の定員80名を10人程度の8グループに分け、先生が学習・生活の両面をサポート。看護師をはじめ医療や福祉の現場での経験豊富な教員が、親身になって現場に直結した指導やアドバイスを行います。また、4年間、同じ先生が担当することで、学生への理解を深めるとともに、学年を越えた学生同士の交流も生まれます。

大阪都心(JR京橋駅)より13分。
駅からキャンパスまで徒歩1分!

【所在地】
・四條畷学園大学 学園キャンパス 看護学舎(JR四条畷駅から徒歩1分)

【交通機関・最寄駅】
・JR「四条畷」駅から徒歩1分

四條畷駅(東口)から大学まで徒歩1分と、アクセス抜群です。
看護学部のために新たに建設した、最新設備を備えた校舎です。

2017年度 入試情報

※入試情報は必ず最新の募集要項を入手し、ご確認ください。

定員
区分
出願期間(郵送消印有効)
選考試験日
合格発表日
若干名
(専願)
四條畷学園同窓会
特別入試
9/21~10/6
9/21~10/7(窓口持参)
10/16
10/19
20名
公募推薦
A日程
10/11~10/27
10/11~10/28(窓口持参)
11/6
11/9
10名
公募推薦
B日程
11/4~11/17
11/4~11/18(窓口持参)
11/27
11/30
25名
一般 A日程
1/5~1/16
1/5~1/17(窓口持参)
1/22
1/25
10名
一般 B日程
1/30~2/13
1/30~2/14(窓口持参)
2/19
2/22
若干名
一般 C日程
2/16~2/27
2/16~2/28(窓口持参)
3/5
3/8
5名
センターA日程
1/23~2/6
個別試験なし
2/15
若干名
センターB日程
2/13~2/27
個別試験なし
3/8
大学案内(資料)
願書の受付状況
マイナビ進学にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 高校3年生・受験生向けセット ( 資料 ・ 願書 )
② 高校1、2年生向けセット ( 資料 )
公募推薦(専願・併願)
出願資格・選考方法
評定平均値と基礎学力テストの合計点で判定。
【必須】評定平均値(評定平均値×10=50点満点)
【必須】英語
【選択】国語、数学から1教科選択
一般入試
(A・B・C日程)
選考方法・試験科目
※1型と2型の両方を受験することもできます。
(1型と2型の点数の高い方で判定します)
<方式(1型)>
【必須】英語および国語の2科目

<方式(2型)>
【必須】英語
【選択】数学、理科から1教科選択。
センター利用入試
(A・B日程)
選考方法・試験科目
センター試験科目(※科目の詳細については募集要項参照)
【必須】英語
【選択】国語、地理歴史・公民、数学、理科のうち上位2教科

過去の入試結果

一般(A日程)
四條畷学園大学・看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
25
113
111
37
3.0
2015
25
124
113
31
3.6
一般(B日程)
四條畷学園大学・看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
10
66
63
16
3.9
2015
15
87
80
19
4.2
一般(C日程)
四條畷学園大学・看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
若干名
66
63
16
3.9
2015
若干名
40
40
5
8.0
センター試験利用(A日程)
四條畷学園大学・看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
5
10
10
8
1.3
センター試験利用(B日程)
四條畷学園大学・看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
若干名
4
4
2
2.0
公募推薦(A日程)
四條畷学園大学・看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
20
83
81
21
3.9
2015
15
78
71
28
2.5
公募推薦(B日程)
四條畷学園大学・看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
10
63
63
19
3.3
2015
15
61
60
19
3.2
同窓会
四條畷学園大学・看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
若干名
4
4
0

学校案内・受付状況

登場人物A

出願期間、試験日、試験科目は、早めに学校案内・募集要項を手に入れて必ず自分の目でチェックしてね。

四條畷学園大学
大学案内・願書
受付状況
マイナビ進学にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 高校3年生・受験生向けセット ( 資料 ・ 願書 )
② 高校1、2年生向けセット ( 資料 )

ページの先頭へ