東京医科歯科大学・医学部
保健衛生学科・看護学専攻

看護学専攻の概要
看護実践能力の高い看護師を養成するため、体験学習を重視し、自己理解を深めながら専門職にふさわしい感性を磨き、コミュニケーション能力の向上を図ります。 臨地実習は、看護技術の到達点を確認しながら学習できる独自の教育システムを用いて、医学部附属病院などの医療施設や地域との連携をもとに、あらゆる健康レベルに対応した看護を展開します。卒業研究は3年次から取り組み、ゼミを通して研究の段階を踏み、研究が実践の質を高めることを体得することができます。 また、日本初の看護系大学院大学として、臨床現場のスタッフと実践・研究のさまざまな側面で連携を図るとともに、卒業生をはじめとするたくさんの人々の生涯学習を支援しています。

教育内容
看護学専攻では、医療の高度化を支える自然科学・技術に関する基礎的な理解と、生命倫理、激動する社会や多様な文化の中で人間が生きることを支える人文科学・社会科学的素養とを併せもつ看護実践者を養成します。 看護学の教育・研究・実践を基盤に、あらゆる健康レベルに向けた保健医療福祉に関する専門知識を幅広く修め、省察できる能力を養うことで、関連職種との連携・協働を主体的に担うことのできる対人関係能力を備えた看護師の養成と、生涯学習の支援を重視しています。

1年次~4年次
1年次には、教養部で他学科の学生と共通科目(人文、社会科学、自然科学、外国語など)を合同で履修し、週1回は看護学専攻教員、教養部教員の協力による連携教育科目(生命科学、医療人間論、バイオエシックス)と看護専門科目(基礎看護学、看護心理学、看護の統合と実践)を学び、病院見学などの体験学習をおこないます。 2年次前期には、看護学に関連の深い解剖学、生理学、病態学、薬理学、栄養学などの専門基礎科目を講義と演習によって集中的に学びます。 2年次で学ぶ看護学専門科目の軸は基礎看護学の講義と演習で、成人、小児、精神、在宅看護学の講義は、2~3年次ににかけて開講されます。母性、老人看護学は3年次前期に学び、保健師資格取得に必要な地域看護学関連の科目はおもに4年次で学びます。

臨地実習は1年次の基礎看護学早期体験学習に始まり、3年次後期に成人、精神、小児、母性、老人、在宅看護学、4年次に地域看護学、看護の統合と実践の実習をおこないます。臨地実習では援助的な対人関係を確立する能力の育成にも力を入れ、その準備として、2~3年次に自己理解を深める技法や、相談面接技法の訓練、患者会リーダーとの交流などをおこないます。 また4年次には少人数制のゼミで卒業研究に取り組みますが、その準備として、3年次後期より看護学研究方法と理論的背景について学びます。 このほか、国際的な研究や実践を担う力を高めるため、全学年で外国語の授業がおこなわれています。

進路データ
東京医科歯科大学医学部附属病院(看護師)…55%、他病院・診療(所看護師)34%、行政・公的機関保健師…2%、病院…2%、他大学院進学…7%

卒業生は幅広く活躍!
看護師から弁護士、国会議員、キャビンアテンダント(CA)に転職!

東京医科歯科大学の卒業生は、 新卒で病院に看護師として勤めた後に、医療関連の出版社をはじめ、弁護士、国会議員、 キャビンアテンダント(CA)、ディズニーランドのスタッフに転職する人もいるので活動の幅は広いと言えそうです。以下、AERA(2014年3月31日号)からの抜粋です。


「看護師が働く場は医療機関以外にも、地域、在宅、産業、学校、行政と、幅が広い。新卒でまず病院看護師を経験した後、医療関連の出版社などへ転職する ケースも珍しくありません。弁護士や国会議員になった卒業生もいます。免許をもつ強みなのか、キャビンアテンダント、ディズニーランドのスタッフとしても 採用されています」

東京医科歯科大学(東京都文京区)の医学部保健衛生学科看護学専攻の井上智子教授はそう話す。1学年の学生は55人と少ない。附属病院との連携教育が特徴で、教育プログラム「看護職IKASHIKAキャリアパス」を開発し活用。これは看護師としてのキャリアアップを続けるための段階的教育で、学生からエキスパートまで網羅する。

「基礎教育を重視し、特に臨地実習では大学教員と実習指導者が連携してていねいな少人数教育をしています」と説明する。

※AERA  2014年3月31日号より抜粋

アクセス良好!「御茶ノ水」駅から徒歩5分。
東京都心の歴史ある地域に広がる湯島・駿河台地区。

東京都心の歴史ある地域に広がる湯島・駿河台地区。 研究棟や附属病院が建ち並ぶキャンパスで、 高度な知識と技術を持つ医療人を育成するための専門教育が行われます。
交通アクセスはとても良いです。JR中央線・地下鉄丸ノ内線「御茶ノ水」駅から徒歩5分、地下鉄千代田線「新御茶ノ水」駅から徒歩5分。

 

海外研修奨励制度

在学生全員に対して海外研修の機会を提供し、豊かな感性と国際性を持つ人材の育成に役立てるため設けられた制度で、対象となるのは海外研修への意欲に満ち、心身ともに健全で、学業優秀と認められる学部学生。ワシントン大学やオーストラリア国立大学など、世界の大学や医療機関で貴重な経験を積み、様々な発見をし、大きく成長しています。


医学部 保健衛生学科 看護学専攻 4 年

日本医療への理解を深め、 自分の考えを豊かにする 絶好のチャンス

私はフィンランドのセイナヨキ応用科学大学で3週間ほど研修させていただきました。現地では、年齢や出身国の違う学生と一緒に授業でディスカッションをし、病院・高齢者施設の見学、ホームステイでの文化・生活様式の体験など、看護のことのみならず、様々なことを実際に見て、触れて、感じ、学ぶことができました。帰国後も現地で知り合った友人たちと交流が続き、日本の友人とは異なる考えを聞くことで、刺激を受け、自分の視野が広がりました。本研修制度では、海外のことを学ぶことで、日本のことを改めて考える機会にもなりました。たくさんの方々のご協力・ご指導のおかげ で、フィンランドという遠い場所に赴き、のびのびと様々なことを経験でき、感謝しております。


医学部 保健衛生学科 看護学専攻 4 年

日本とは異なる文化、 医療提供体制に触れて得た 多くの気づき

私は3年生の夏休みに、フィンランドのセイナヨキ応用科学大学で研修をさせていただきました。海外研修に行って最も良かったことは、馴染みのない言語や文化に囲まれて戸惑いつつも、多くの新しい気づきを得たことです。保健医療福祉の授業を受けたり、地域の病院やヘルスケアセンターを見学したりして、日本とは異なる医療提供体制を知ることができました。また、様々な国の学生とのディスカッショ ンを通して、自分の意見を述べるということの大切さと難しさを知りました 。国際交流をするためには 、まず自分なりに考えて意見を持ち、さらに言語の壁を越えて表現しなければならないと実感しました。海外ならではの貴重な学びの機会をいただいたことに心より感謝しています。

出典: 東京医科歯科大学 2015年 大学案内

2017年度 入試情報

※入試情報は必ず最新の募集要項を入手し、ご確認ください。

定員
区分
出願期間(必着)
選考試験日
合格発表日
20
推薦
11/1~11/4
11/16
12/14
35
一般 前期
1/23~2/1
2/25~26
3/8

過去の入試結果

推薦入試
東京医科歯科大学・医学部 保健衛生学科・看護学専攻
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
20
60
60
20
3.0
2015
20
55
55
20
2.8
2014
20
56
56
20
2.8
2013
20
59
59
20
3.0
2012
20
52
52
21
2.5
2011
20
59
59
20
3.0
2010
20
58
58
21
2.8
一般入試(前期)
東京医科歯科大学・医学部 保健衛生学科・看護学専攻
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
35
83
78
39
2.0
2015
35
134
124
38
3.3
2014
35
91
81
40
2.0
2013
35
110
102
37
2.8
2012
35
77
75
37
2.0
2011
35
92
86
39
2.2
2010
35
73
69
41
1.7

交通アクセス

【所在地】
・東京医科歯科大学(湯島キャンパス) : 東京都文京区湯島1丁目5の45

【交通機関・最寄駅】
・JR中央線・地下鉄丸ノ内線「御茶ノ水」駅下車、徒歩5分
・地下鉄千代田線「新御茶ノ水」駅下車、徒歩5分

ページの先頭へ