東京女子医科大学・看護学部

アドミッション・ポリシー
東京女子医科大学では、女子に医学ならびに看護学の理論と実際を教授し、創造的な知性と豊かな人間性を備え、社会に貢献する女性医療人を育成するとともに、深く学術を研究し、広く文化の発展に寄与できる人材の養成を目的としています。 本学の目的をふまえ看護学部では、科学的思考と人間性に基づく優れた看護実践者を養成するため2つの特色あるキャンパスで学習します。大東キャンパスでは地方における地域密着型の保健医療を、河田町キャンパスでは都会における先進的医療を学びます。 従来の教育が教員から学生に一方的に知識と技術を教授することを主としてきたのに対して、本学の教育は学生自身が問題意識をもち、自らの力で知識と技術を発展させていくことを目指しています。 そのため本学では、幅広い視野を身につけ、自ら能力を高め、問題を解決していこうとする意欲に燃えた学生に広く門戸を開いています。

カリキュラム・ポリシー
変動する社会の中で看護の役割を認識し、責任を自主的に果たし得る看護実践者を育成するために6つの教育の柱を有しています。初年度は静岡県の大東キャンパスにおいて、地域の人々との交流を通し人間そのものを理解する「人間の本質を問う」から学び、身体のつくりや機能、栄養代謝、人間関係等について学びます。そして、生活環境・健康障害を学び、看護の専門性の高い科目にシフトし、学びを進めます。 1年次から4年次までの看護職のキャリアを積み上げていく科目や、医学部・早稲田大学との協働教育があります。そして広い視野から思考できるように1年次から海外研修や海外からの学生との交流を行うとともに、2年次からは早稲田大学グローバルエデュケーションセンター開講科目が履修できます。 そして保健師国家試験受験資格や養護教諭一種免許の選択科目を学ぶことが可能です。

取得できる資格
・看護師国家試験受験資格(全員)
・保健師国家試験受験資格(※所定の授業科目を履修し、単位取得した者)
・養護教諭一種免許(※所定の科目を履修し、単位を修得した者)

多くの附属施設によって高度な人材育成を可能に
東京女子医科大学は大学病院、東医療センター、八千代医療センターをはじめ多くの附属施設があり、各施設の連携・協力によって、幅広い視野を持った人材を育成しています。卒業後は、本学ならではの優れた学部教育で学んだことを有効に生かしながら東京女子医科大学の附属病院をはじめ、さまざまな医療施設で活躍しています。

医学部と看護学部の連携により、チーム医療に対する理解を深める
医学部と看護学部の合同カンファレンス(研究会)やワークショップなどで、看護学と医学、それぞれの立場から意見を交わし、チーム医療におけるそれぞれの役割と協働のあり方について学びを深めます。また、他大学の学生との合同のワークショップも実施。他大学学生との交流により、多様な価値観も学びます。

少人数制のためきめ細かい指導が可能
東京女子医科大学の実習環境の特徴の一つとして、学生数に対する教員数の多さが挙げられます。これにより、少人数制の実習が可能となり、きめ細かい実習指導のもと、一人ひとりの患者さんへのケアを、学生と教員がともに考えていくことができます。

授業は2つのキャンパスで実施
授業は2つのキャンパスにて行われています。1年次と4年次の一部の授業は、創立者吉岡彌生の生誕の地である静岡県大東キャンパスで行われます。大東キャンパスの特徴として、豊かな自然と温かな人々、そして何よりも創立者吉岡彌生先生を育んだ郷土のぬくもりを肌で直に感じながら学習できることが挙げられます。また、ここでの生活では、多くの学生が自由のすばらしさと自ら律して生活することの難しさを併せて体験することにより、看護の基盤となる自立した生き方を身に付けるとともに、さまざまな人々との交流を通して自己の人間性を育むための機会を得ることができます。

2年次からは、東京の中心新宿区にある河田町キャンパスで授業が行われます。ここでは百年余の歴史を有する東京女子医科大学病院を中心に、先進的な医療を受ける人々に対する看護を学ぶほか、各専門的領域にわたる豊富な教育陣による講義・演習、多方面の実習施設での少人数制による実習を通して、専門的な看護の学習を深めていきます。

1年次は静岡県掛川市の大東キャンパスで生活するそうですが、生活の様子を教えて下さい。
<生活全般>
一年次は静岡県の掛川市にある大東キャンパスで学びながら生活します。とても自然が豊かで人情も厚い土地柄の所です。都会とは違った良さがいくつもあります。また、地元の人たちはとても暖かく学生を迎え入れてくださいます。大学祭も地元の文化祭と共催で行っています。

<住居>
本学部では学生の皆様に、キャンパス周辺にある本学部学生専用のアパート情報を提供しております。いずれかのアパートに確実に入居することができます。

<買い物>
大学から約5㎞離れた場所に、商業施設(食料品店、ドラッグストア、衣料品店、電器店、ホームセンター、ファミリーレストラン等)が集まっているエリアがあります。学生の皆さんは自転車や路線バスで出かけています。

<クラブ>
クラブ活動も盛んです。4人集まれば新しいクラブを創設することも可能です。

<生活ガイド>
先輩方が自主的に後輩の新一年生のために、生活に役立つ情報を記載した“生活ガイド”を作成してくれています。これを見れば、大東での学生生活が具体的にイメージしやすくなります。

2年次から河田町キャンパスで学習するということですが、 学習はどのようになりますか?
河田町キャンパスは医学部と高度な医療施設に隣接していますので、専門的な知識と高度な看護実践力を身につけるのに極めて恵まれた場です。大学の各施設では学生以外にも医師・看護師・教職員、そのほか多くの分野の医療関係者が研鑽を重ねています。 大学病院の看護師・助産師はそれぞれが理想とする看護を追及し実践しています。

主な実習施設
東京女子医科大学病院(本院)、東医療センター、八千代医療センター、そのほか一般病院、老人医療センター、訪問看護ステーション、高齢者在宅サービスセンター、保健所・保健センター、事業所、保育園、学校施設 など。

主な就職先(※2016年3月卒業生実績)
・本学附属病院(49名)、他大学附属病院(10名)、国立病院機構 病院(11名)、一般病院(9名)、保健師(2名)、進学(6名)など


(写真)東京女子医科大学病院
出典:commons.wikimedia.org

2017年度 入試情報

※入試情報は必ず最新の募集要項を入手し、ご確認ください。

定員
区分
出願期間(当日必着)
選考試験日
合格発表日
35名を限度
(指定校含む)
推薦
2016年11月1日(火)~
11月11日(金)
11月16日(水)
11月22日(火)
55名
一般
2017年1月5日(木)
~1月16日(月)
1次…1月21日(土)
2次…2月1日(水)
1次…1月26日(木)
2次…2月6日(月)
公募推薦
選考方法・試験科目
出身高等学校の責任ある推薦を尊重しつつ、調査書、志望理由書など提出された書類の審査および小論文(指定の課題を800字程度)・面接により選考を行う。
一般
選考方法・試験科目
<1次試験>
【必須】国語総合(古文・漢文領域を除く)
【必須】コミュニケーション英語 Ⅰ・Ⅱ
【選択】化学基礎 、生物基礎 (いずれか1科目を出願時に選択)

<2次試験>
・面接(1次試験合格者のみ)

過去の入試結果

一般推薦
東京女子医科大学・看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
35
33
33
26
1.3
2015
35
35
35
21
1.7
2014
35
28
27
24
1.1
2013
35
44
43
28
1.5
2012
35
59
56
21
2.7
2011
37
52
51
32
1.6
一般
東京女子医科大学・看護学部
年度
募集人員
志願者
受験者
合格者
倍率
2016
55
304
302
135
2.2
2015
55
324
322
157
2.1
2014
55
427
423
142
3.0
2013
55
354
350
103
3.4
2012
55
252
243
109
2.2
2011
55
230
227
49
4.6
2010
53
229
228
121
1.9

交通アクセス

【所在地】
・1年生…大東キャンパス(静岡県掛川市下土方400の2)
・2~4年生…河田町キャンパス

【交通機関・最寄駅】
・大東キャンパス…JR東海道本線掛川駅から大東支所行き、または浜岡営業所行きバスで東京女子医大入口下車
・河田町キャンパス…都営大江戸線牛込柳町駅または若松河田駅から徒歩約5分。都営新宿線曙橋駅から徒歩約10分

ページの先頭へ