看護学校で夜間の学校ありますか?という質問がけっこう多いのですが…。

「准看護師の資格を持つ人が、正看護師になるための学校」には夜間部はあります。ですが、検索して当サイトにたどり着く方の多くは、「准看護師の資格は持ってないけど、夜間の学校で正看護師の資格を取りたいんです」という方ではないでしょうか。准看護師の資格を持たない方に対しては、「看護学校に夜間部はない」というお答えになります。准看護学校は夜から授業が始まる学校は存在はしますが、かなり少ないのが実情です。准看護学校の中には月~金曜日まで毎日授業がない学校もあるようです。そのような学校の場合、週に1、2日ぐらいは、アルバイトのような形で働くことは可能です。また、15時ぐらいで授業が終る学校もありますから、そのあとバイトをすることも可能でしょう。 けれども、勉強しながらバイトするのは大変なので、覚悟はしておきましょう。ある程度お金を貯めてから、バイトをしなくても良い状態で、看護学校なり、准看護学校に通ったほうがベストです。集中して勉強したほうが効率が良いのは言うまでもないことです。

ちなみに、正看護師の免許を取るための期間は、看護大学で4年、看護専門学校で3年です。簡単にいうと昼間通う大学生・専門学校生と同じということです。「看護学校の夜間部」を探す方は、経済的な余裕がないために昼間は働きながら、 夜は看護学校で勉強したい社会人の方が多いようですが、准看護師の資格を取るために2年かけ、学費も2年間で70~100万円程度かかるなら、正看護師の免許が取れる看護学校に通った方が良いでしょう。というのも、現在正看護師の資格を取れる看護専門学校のなかには、金銭的なことを心配する必要がない学校があるからです。

看護専門学校などは奨学金制度が充実しているので、学費が安い学校を狙えば、かなり安い金額で学校を卒業することも可能です。 月々3万円~5万円もらえたりするので、年間で36万~60万程度にはなるわけですから、授業料だけでなく、テキスト代などその他の諸経費の一部までも支払えることもあります。ただし、奨学金を貰った年数と同じ期間は、その専門学校の系列病院などで働くことが条件になっている場合が多いので、その点だけ、注意してください。

例えば、3年間看護学校に通ったら、3年間指定された病院で働かなければならないわけです。万が一、途中でその病院を辞める場合は、奨学金を返済しなければならなくなります。 奨学金をもらえる条件は必ずチェックしておきましょう。看護学校のパンフレットや募集要項に、学費と合わせて「奨学金について」という項目が記載されていることが多いです。看護専門学校の資料請求はリクナビ進学から可能です。また、奨学金を貰った病院にある一定期間、勤めなければならないということは、就職口が保証されていると考えることもできます。今の時代、就職先が確実に保証される世界は少ないので、就職に関しては看護師は恵まれていると言えます。

以上、述べてきたことを考えてみると、准看護学校に通うお金や時間のコストを考えたら、奨学金をもらいながら、 正看護師の免許を取得したほうが得策ではないでしょうか。准看護師は正看護師に比べ、給料も安いですし、准看護師の制度を廃止する云々の議論も昔からあります。とはいえ、雇う側にとっては准看護師は給料が安く、経費を抑えられることもあり、准看護師の廃止に対して反対意見も根強く、なかなか難しいと思いますが…。でも、それは病院などの雇う側のメリットであって、働く側からすれば、正看護師の免許を取って、准看護師より高い給料をもらったほうが良いのではないでしょうか。

近年では正看護師の免許を取れる首都医校看護学科Ⅱで、授業時間が 16:20~21:10という夕方から始まるコースも設置されましたが、学外の実習は昼間に行うので、完全な夜間部とは言えません。学外実習がないときはスタートが16:20からでしょうが、学年が上がるにつれ実習も多くなるのが一般的なので、昼間からの授業も多くなってくるはずです。実際、首都医校でも看護学科以外で夜間部はありますが、看護学科Ⅱは昼間部の扱いになっています。

ただ、学外実習がない時はアルバイトを午前中から午後にかけてアルバイトをすることは可能でしょうし、実際にそのような生徒さんもいるようです。一般的にどこの専門学校も社会人入試は倍率も高く、なかなか合格できない社会人の方が多い中、首都医校はAO入試や一般入試など比較的入学しやすいようなので、多少学力に不安があるけれど、やる気はすごくある生徒さんの受け皿にもなっているようです。そのほか、午後から始まる学校として、首都医校系列の専門学校名古屋医専看護学科があります。授業時間は14:40~21:10なので、午前中の時間は使えそうです。

さて、首都医校のような学校があるにせよ 、今のところ完全に夜間部の正看護師の看護学校はありませんし、仕事をやりながら取れるような甘い資格ではありません。学校の勉強もハードですし、実習が始まれば睡眠時間も数時間という生活です。精神的にも、体力的もきついものです。そのあたりをよく考えてみましょう。 奨学金制度については次のページをご参考ください。→看護大学・専門学校の奨学金制度について

正看護師の免許が取れる授業時間が遅めな看護学校
学校名
授業時間
備考
首都医校
看護学科Ⅱ
16:20~21:10
※学外の実習は昼間から行う
首都医校には看護系の学科が3つありますが、看護保健学科と看護学科Ⅰは午前中からの授業なので注意。看護学科Ⅱの授業時間が16:20~21:10です(学外実習があるときは昼間からの授業)。学費は高めの専門学校ですが、AO入試は比較的合格しやすいようですし、とにかく学校に入学して勉強したい社会人の受験者も多いようです。
名古屋医専
看護学科
14:40~21:10
名古屋医専には看護系の学科が2つありますが、看護保健学科は午前中からの授業なので注意。看護学科の授業時間が14:40~21:10です。首都医校と同じく、名古屋医専は首都医校同様、学費高めなのですが、AO入試は比較的合格しやすいようですし、学力に不安がある社会人の方の受け皿になっているようです。

首都医校の夜間部で学ぶ、11学科

  • 大卒資格を活かして最短で資格取得できる
  • 駅前徒歩3分!仕事を続けながら夜間部に通える
  • 奨学金・アルバイト制度を利用して学べる
  • 未経験から資格を取得し即戦力採用を目指せる

看護学科では夜間部はありませんが、首都医校ではその他の分野で夜間部が11学科あり充実しています。夜間部は、昼間に勤務しながら勉強したい人のためのものですが、昼間部の学生も意欲があれば 夜間で異学科を受講し、多面的な技術・知識を養うことができます。「チーム医療・福祉、健康・スポーツの時代に対応できる各種資格や技術を身につけることができる」のが首都医校の方針です。

首都医校 夜間部 在校生データ (2012年4月入学者)

日中の活動
割合
学校紹介の病院・施設や飲食店などでアルバイト
53.7%
正社員・契約・派遣社員として勤務
31.2%
その他(フリーランス・家事手伝いなど)
12.4%
大学・短大などの学校に進学
2.7%
年齢層
割合
20代
48.4%
30代
34.3%
40代
10.3%
10代
7.0%
入学前状況
割合
会社員
45.4%
アルバイトなど
28.7%
大学生
16.9%
高校生
9.0%

首都医校・夜間部6つのポイント

  • 新宿(西口)駅前、徒歩3分がキャンパス
    総合校舎コクーンタワーは、新宿駅(西口)から徒歩3分。通学に大変便利な立地条件です。ターミナル駅から歩いてすぐ通えるので、限られた時間を有効に使ったスクールライフが楽しめます。
  • 18:00~21:00のスクールライフ
    学生・社会人も学びやすい夜間・土曜で時間を有効活用!昼間部学生も意欲があれば夜間で他学科を熟考し、多面的な技術・知識を養うことができます。 ※学科により異なります。
  • 資格取得を徹底サポート
    厚生労働省指定の本校学科において卒業認定を受けた人で、国家資格に万一合格できなかった場合、学費免除で5年間は資格取得の勉強を継続できる『国家資格 合格保証制度』があります。
  • 活躍できる就職先を保証!
    就職指導担任がひとり一人に責任を持ち、マンツーマンで指導にあたります。卒業時に、万一就職できない場合、学費免除で就職が決定するまで勉学を継続できる『完全就職保証制度』があります。
  • 専任教師・講師は第一線の指導者
    専任教師・講師は東大医学部・教育学部元教授をはじめ、医師や業界の第一線で活躍する指導者です。プロとして活躍したキャリアを持つ実務経験豊富な指導スタッフによる、実践的な教育を行っています。
  • 学びや就職・転職を、卒業後もサポート
    卒業生が転職や再就職をしたいときに、バックアップする「生涯バックアップシステム」をはじめ、「i(アイ)の会」、「卒後研修会」など、卒業後も利用できるサポートが整っています。

多彩な夜間部(2~4年課程) 

  • 救急救命学科(昼間部3年・夜間部3年)
    救急医療のスタートライン。 冷静に、的確に、生命を守るエキスパート。
    事故や災害によるケガ、超高齢社会を背景にした呼吸・循環不全など、救急医療機関に搬送される傷病者数は増加する一方。医学的知識にもとづく冷静な判断力と的確な行動力、そして精神面をケアする人間性を持った現場に強い救急救命士が求められています。
    仕事内容…医師の指示のもと、救急現場や救急車内などで気道確保や心拍の回復、輸液、気管挿管や薬剤投与といった救急救命処置を行う。
  • 臨床工学学科(昼間部4年・夜間部4年)
    医療技術の高度化により、次々と新しい医療機器が開発されています。それらの機器を取り扱う臨床工学技士は、医療の質の向上と安全確保のために、必要不可欠な存在。しかし、今、現場では人材不足が問題となっています。医師、看護師らと連携できるチームワーク力や倫理観も備えた1人でも多くの臨床工学技士が求められています。
    仕事内容…医師の指示のもとで生命維持管理装置の操作・保守点検を行う。 医療機器メーカーで開発・研究に携わる。
  • 診療情報管理学科(昼間部3年・夜間部3年)
    社会問題にもなっている医療費の適正化。そこで活躍するのが「医療情報の管理・分析」のエキスパート、診療情報管理士です。社団法人日本病院会、4病院団 体協議会および財団法人医療研修推進財団が認定するこの資格は、医師や看護師、臨床工学技士など、様々な医療従事者も資格取得を目指す人気の高い資格で す。「情報の分析活用」能力も持った病院経営のエキスパートが求められています。
    仕事内容…医師や医療スタッフが書いた診療記録の情報を収集・分析・点検・管理。 電子カルテなど医療情報システムの構築。
  • 医療秘書学科(昼間部2年・夜間部2年)
    より質の高い医療を実現するためにも、効率のよい事務処理システムが必要とされています。そこで多彩に活躍するのが医療秘書。来院者や患者と接する機会が 多く、ソフトな応対によって病院のイメージづくりにも貢献します。裏からも表からも、病院経営を支える応用力のある人材が求められています。
    仕事内容…カルテ整理やレセプト(診療報酬明細書)作成業務。 病院の顔として受付業務。
  • 理学療法学科(昼間部4年・夜間部4年)
    どんなに医療が進化しても人の身体や心までを進化させることはできません。だからこそ、大きなケガや後遺症としての障害に悩まされる人に対する身体と心の リハビリテーション医学が重要なのです。その中核を担うのがPT(Physical Therapist)と呼ばれる理学療法士。慢性疾患が増え、患者の生活の質が重視されている現代医療において、社会からのニーズが、ますます高まってい ます。
    仕事内容…機器やデータをフル活用し科学的に障害を分析する。運動療法と物理療法を中心とした計画的なリハビリテーション。日常生活を送るための基本的動作能力の回復を促す。
  • 作業療法学科(昼間部4年・夜間部4年)
    動作における機能回復の専門家である理学療法士に対し、日常生活での様々な作業を通じて、機能回復・改善を図るのが作業療法士の仕事。 OT(Occupational Therapist)と呼ばれる作業療法士は、超高齢社会の現代で、在宅分野を中心に、今後、幅広い活躍が期待されています。
    仕事内容… 患者の興味に即した「ものづくり」などの作業訓練。生活指導を含めた在宅リハビリテーション。
  • 言語聴覚学科(昼間部2年・夜間部3年)
    「聞く」「話す」といったコミュニケーション、「食べる」「飲む」といった生きるための基本行動。これらの機能障害に対する支援を行うのが、 ST(Speech Therapist)と呼ばれる言語聴覚士。障害の原因は多岐にわたり、また小児から高齢者まで幅広く、専門的に裏打ちされた対応が求められるため、今 後、ますます活躍の場が広がることが期待されるリハビリのエキスパートです。
    仕事内容… 患者ひとり一人に対して適切な検査・評価と訓練・指導・助言を行う。コミュニケーションや食べる能力の維持・回復を図るリハビリテーション。
  • 視能訓練士特科(夜間部2年)
    先天的あるいは成長段階で斜視や弱視などの視覚障害を持つ人に対して、両眼視機能回復を促すのが、ORT(Orthoptist)と呼ばれる視能訓練士。子どもから高齢者まで、人間の一生に関わる“眼”の健康管理や機能回復は、生活の質を向上させるために必要不可欠です。
    仕事内容…医師の指示のもとで視能検査を行う。弱視・斜視の患者に対して矯正訓練を行う。
  • アスレティックトレーナー学科(昼間部3年・夜間部3年)
    スポーツ選手の健康・安全管理を支え、常に最大限能力を発揮できるように指導するアスレティックトレーナーの仕事。スポーツドクターやコーチなどと協力しながら、選手のメンタル、フィジカル両面からサポートでき、信頼される人材が求められています。
    仕事内容…外傷・障害の予防からトレーニング指導、ケガの応急処置。アスレティックリハビリテーション、コンディショニング。
  • 鍼灸学科(昼間部3年・夜間部3年)
    超高齢社会やストレス社会のなかで心と身体のバランスが取れた「真の健康」が求められています。はり師・きゅう師は、「鍼(はり)」と「灸(きゅう)」を 用いて、人間が本来持っている「自然治癒力」を引き出す専門家。慢性疾患や生活習慣病、高齢者の健康管理といった医療分野から、スポーツや美容分野にも活 躍のフィールドは広がっています。そして、開業権を持つ魅力的な国家資格です。
    仕事内容…身体にあるツボを把握し、機械的・温熱的刺激を与え施術する。患者の症状を東洋医学と西洋医学それぞれで判断し対応策を考える。スポーツ鍼灸ではアスリートのコンディションを整え、最大限のパフォーマンスを可能にさせる。
  • 柔道整復学科(昼間部3年・夜間部3年)
    柔道整復術とは、日本古来の武術「柔術」に端を発し、修行や鍛錬の過程で生じたケガを施術する技術です。現代では、その歴史と伝統に加えて、西洋医学を導 入。切開や注射などを行わない施術法として、世界的にも注目を集めています。柔道整復師は、接骨院の開業権を持つ国家資格。地域医療からスポーツ領域まで 幅広い分野で活躍でき、身近な医療として常に社会から求められる存在です。
    仕事内容…運動器系疾患に対する施術と社会復帰に向けたリハビリテーション。 アスリートのケガの予防・施術からリハビリテーション、トレーニング指導。

【社会人、短大・大学生】リ・スタート入学相談会

あらゆる質問・疑問に、具体的に応えます。

首都医校では、幅広い世代の方が多く学んでいます。 しっかりとした資格を取得したい方。 新しい一歩を踏み出したい方。 安定したやりがいのある仕事に就きたい方。 勉強から離れているけど大丈夫かな?と考えている方。 そんなあなたの疑問や不安に応えます。 さぁ、「今こそ」スタートしませんか?

●さまざまな学び方について
大学・短大・専門学校からの編入について知りたい。大学で医療分野について学んだが、1年からの入学になる? 臨床工学技士特科/視能訓練士特科と他の学科との違いは? 入学時期について知りたい。大学に通いながら、会社に勤務しながら、夜間部で学べますか? さらなるスキルアップのために、短期集中で学べる授業はありますか?

●学科・授業について
チーム医療やカリキュラムについて詳しく知りたい。 昼間部と夜間部で授業の違いはありますか? 授業時間について知りたい。 どんな指導陣がいますか? 実習先について知りたい。 入学前にやっておいた方がよいことはありますか?

●資格について
国家資格 合格保証制度ってどんな制度? どんな資格が取得・受験できますか? プラスライセンス取得システムってどんな制度?

●就職について
首都医校の就職サポートについて知りたい。完全就職保証制度ってどんな制度? 姉妹校の就職実績について知りたい。卒業後のバックアップ制度はありますか?

●学費・奨学金について
入学金や授業料以外に必要な費用は? 学費の納入時期について知りたい。学費援助システムについて詳しく知りたい。通学社員・アルバイト進学制度、新聞奨学生制度ってどんな制度? 日本学生支援機構奨学金制度について知りたい

●出願・入学選考について
どんな入試制度がありますか? 入学資格を確認したい。出願書類の締切期限などについて知りたい。入試(適性診断、作文、面接)について詳しく知りたい。入試のためにどんな勉強をしたらよい?

【開催日時】
・毎週月~金曜日実施 ※祝日を除く
[1] 18:00~(受付開始17:45~)
[2] 19:00~(受付開始18:45~)

【会場】
・総合校舎コクーンタワー(東京都新宿区西新宿1-7-3)

【交通機関・最寄駅】
・新宿(西口)駅前、徒歩3分。 JR・小田急・京王・地下鉄から地下街が直結。 駅前から歩道橋が直結。

学校案内・受付状況

登場人物A

出願期間、試験日、試験科目は、早めに学校案内・募集要項を手に入れて必ず自分の目でチェックしてね。

首都医校
学校案内・願書
受付状況
マイナビ進学にて資料請求受付中
(資料、送料ともに無料)
※下記のものを資料請求できます。
① 学校案内書・入学要項一式


 

ページの先頭へ