熊本労災看護専門学校

全国34ヶ所の労災病院で活躍する看護師を育てるために設立された3年制の専門学校です。抑えめな入学金や授業料、返済免除も可能な奨学金、設備が整った学生宿舎など、あなたの夢を経済面からもサポートします。

全員に授業料相当額の奨学金を貸与します
本校の特長、かつ学生にとっての魅力は学費面。授業料は年間34万円(2016年度)です。また、2年次からは入学金や実習用看護衣などがかからないため、実際は初年度よりも少ない負担となります。さらに引き続き5年間、奨学金支給病院に勤務した場合は、奨学金の返済が免除されます。金銭面での心配をすることなく、看護の知識、技術の習得に集中し、国家試験への合格を目指すことができます。

就職は全国34ヶ所の労災病院。入学後に選択した病院が就職先です。
就職先は働く人の健康障害の予防や診断、治療、早期職場回復のための専門的医療を実施する労災病院です。熊本労災看護専門学校では学生が入学と同時に、将来の就職先を選択できる制度を設けています。新入生は労働者健康保険福祉機構の運営する全国34ヶ所の労災病院から自分の希望する病院を選択。その病院が、在学中の奨学金の支給元となり、さらに卒業し、晴れて看護師国家試験に合格した際には、同病院にそのまま就職となります。

学生宿舎(男性・女性)もあり。
遠方からの入学者も考慮し、本校では施設充実の学生宿舎を用意しています(学生宿舎費は月額約8000 円、および施設維持費として月額5000円を徴収。電気、ガス、自治会費などは別途必要)。校舎と学生宿舎は2010年12月完成のまだまだ新しい建物です。より充実した環境で、看護師としての知識と技術が学べます。

多彩な教授陣
専任教員のほか、熊本労災病院の医師・看護部門及び近隣の大学、短期大学の教授陣によって授業が行われます。

さまざまな実習施設
熊本労災病院のほか、保健センター、保育園、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、訪問看護ステーション等で実習をおこないます。


(写真)熊本労災病院
出典:commons.wikimedia.org

奨学金制度について

  • 修業期間中は奨学金(4月は32,000円、5月~3月は月額28,000円)が貸与されます。
    →年間34万円(年間の授業料に相当する額)の奨学金が貸与されるということになります。
  • 卒業後奨学金支給病院に看護師として引き続き5年以上勤務すれば奨学金の返還が免除されます。
  • 入学後、原則として希望する労災病院(奨学金支給病院)の奨学生となり卒業後、奨学金支給病院に勤務します。各労災病院の看護師募集状況または定員等の事情により、必ずしも第一希望の奨学生になれるとは限りません。奨学金支給開始後も事情により他の労災病院に変更となる場合があります。

一般入試(2017年度)

※入試情報は必ず最新の募集要項を入手し、ご確認ください。

定員
40名※院長推薦(若干名)を含む
出願受付期間
2016年12月1日(木)~2017年1月5日(木)(当日消印有効)
試験日(1次)
2017年1月19日(木)
合格発表日時(1次)
2017年1月19日(木)午後3時45分発表
※当日試験終了後同会場にて行います。
試験日(2次)
2017年1月20日(金)午後1時~
受付は午後0時30分から午後1時まで
合格発表日時(2次)
2017年2月1日(水)午前10時
試験科目(1次)
・国語総合(国語表現、古文、漢文を除く)
・数学Ⅰ、数学A(場合の数と確率)
・英語 I、英語Ⅱ
試験科目(2次)
面接(※1次合格者のみ)

交通アクセス

【所在地】
・熊本労災看護専門学校(熊本県八代市竹原町1517-2) 

【交通機関・最寄駅】
・JR「新八代」駅から徒歩約10分

※当サイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、 当サイトのご利用によって生じたいかなる不利益に関しても、 一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

このページの先頭へ